<   2013年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

医療政策は厚労省だけにあらず

厚労行政、成長戦略を左右 混合診療、ネット薬…緩和案件集中

安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の成長戦略に欠かせない規制緩和のターゲットが厚生労働行政に集中し、厚労省以外の政府内の組織が改革前進を目指してしのぎを削っている。政府は成長戦略を6月に取りまとめる構えだが、厚労省と他の組織の主導権争いが激しくなりそうだ。
田村憲久厚労相は27日に開かれた同省の健康・医療戦略推進本部の初会合で「医療分野は安倍内閣の成長戦略の大きな柱だ。国の富を形成する」と述べ、重要な役割を担っていることを強調した。

政府内では、同省以外でも、産業競争力会議(内閣官房)、規制改革会議(内閣府)、健康・医療戦略室(内閣官房)の3組織が集中して厚労分野の規制緩和や新施策を検討中で、同分野に熱視線を注いでいる。
その結果、医療機器の規制緩和については、厚労省が産業競争力会議に押される形で、審査期間を縮めるため民間の認証機関に審査を任せる対象製品を拡大する方針に転換。今国会に薬事法改正案を提出する考えに傾いた。
また、規制改革会議は今月15日、医療分野で混合診療のさらなる拡大、労働分野で解雇規制の緩和などを検討テーマとして提示。25日には、薬のネット販売の規制緩和を「最優先課題」とすることを決めるなど、動きを活発化させている。
ただ、薬のネット販売については、厚労省が独自に検討会を設置している。政府内で同じテーマを別々に検討する事態となり、省内からは「明らかに参院選を意識している動きだ」(幹部)との声も上がる。
今後、同省が施策の立案作業を進めていく健康・医療戦略推進本部と、他の組織との間で軋轢(あつれき)が生じる可能性もあり、田村氏のかじ取りが規制緩和の成否を左右しそうだ。

【産経新聞】



医療政策は厚労省だけの管轄ではなくなっているようです。
by kura0412 | 2013-02-28 18:28 | 医療政策全般 | Comments(0)

国民皆保険堅持を謳っても

焦点に医療保険浮上 厚労省「国民皆保険制度」崩壊に危機感

安倍晋三首相が参加に向け調整を開始した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉で、焦点の一つに医療保険分野が急浮上し、所管する厚生労働、総務両省は「国民皆保険制度」が崩壊するのではないかと危機感を強めている。

田村憲久厚生労働相は26日の記者会見で、交渉参加が国民皆保険制度に及ぼす影響について「何としても避けなければならない。首相も『絶対ない』と言っているので、交渉の中で壊れていくことはない」と強調した。
首相は、今月19日の参院予算委員会で「国民皆保険は守っていく。わが国の主権の問題だ」と述べた。25日には、官邸を訪ねた日本歯科医師会の大久保満男会長らに対し、交渉に参加しても国民皆保険制度を維持する考えを伝えている。
それでも、厚労省は「米側が交渉中に絶対に俎(そ)上(じょう)に載せないという保証はない」(幹部)と不安を隠せない。昨年までの民主党政権が当初、医療保険制度について「議論の対象外」と説明してきたのにもかかわらず、途中から「可能性は否定できない」と態度を変化させてきたからだ。
同省は、国民皆保険制度が廃止されると、自在に価格を設定できる自由診療が基本となり、外資の民間保険加入者と未加入者との間で医療格差が広がる可能性が高くなると強調する。同省も米国側の動向を独自に収集し、同制度の存否が交渉案件にならないよう、与党議員に働きかけを強めることにしている。

【産経新聞】



問題は国民皆保険制度そのものは守る姿勢があっても、米国が求める民間保険の解放をどう取り扱うかが大きな焦点になりそうです。
by kura0412 | 2013-02-27 16:21 | 医療政策全般 | Comments(0)

歯科界のTPPに対しての対応が変わります

国民皆保険「壊れない」=田村厚労相

田村憲久厚生労働相は26日の閣議後記者会見で、環太平洋連携協定(TPP)の交渉に日本が参加した場合、国民皆保険制度に及ぼす影響について「首相も絶対ないとおっしゃっている。皆保険が壊れていくことはないだろう」との認識を示した。
その上で「公的医療保険が影響を受けるのは何としても避けなければならない」と強調した。TPPに関する日米共同声明では、「保険」が日米間の懸案事項の一つとして明記された。 

【時事通信】



TPP反対一辺倒から、この大臣の言う「公的医療保険が影響を受ける」その範囲をどう見極めるかが、今後TPP問題に対しての歯科界の大きな課題となりそうです。
by kura0412 | 2013-02-26 12:07 | 医療政策全般 | Comments(0)

『歯科医師会が自民と「和解」』

歯科医師会が自民と「和解」 会長、首相官邸を訪問

安倍晋三首相(自民党総裁)は25日、首相官邸で日本歯科医師会の大久保満男会長や日本歯科医師連盟の高木幹正会長と会い、関係修復を確認した。
歯科医師連盟は2010年参院選で民主党候補を支援したが、今夏の参院選は自民党現職の石井みどり氏を推薦する。

【日経新聞・電子版】
by kura0412 | 2013-02-26 12:00 | 政治 | Comments(0)

トップ交渉経て安倍首相は決断します

交渉参加を事実上表明=政府の専権「早く決断」―安倍首相

安倍晋三首相は22日午後(日本時間23日午前)、オバマ米大統領との首脳会談を受けてワシントンで記者会見し、環太平洋連携協定(TPP)交渉に関し「会談で聖域なき関税撤廃が前提ではないことが明確になった」と指摘、「なるべく早い段階で決断したい」と述べ、交渉参加を事実上表明した。

会見で首相は、反対論が根強い自民党内の状況を踏まえ「交渉に参加するかどうかは政府の専権事項だ」と強調。「25日の役員会で会談結果を説明し、政府への一任をお願いしたい」と述べた。首相は一任を取り付けた上で、交渉参加を正式に表明する見通しだ。
一方、首相は、日銀の次期正副総裁人事について、「月曜日(25日)から進める。
その週には候補者本人、与党の自民、公明両党の了解を得て、各野党に(協力を)働き掛けたい」と説明。さらに首相は、沖縄県・尖閣諸島の問題で対立する中国の習近平総書記との首脳会談にも言及。「同世代の指導者として、いろんなことを話し合う機会があればいい」と述べ、開催に意欲を示した。 

【時事通信】



反対だけでなく、参加となればどんな問題が予測されそれに対応しなければならないのか。また歯科界として利するポイントはないのか。政策を詰める作業が必要になってきました。
by kura0412 | 2013-02-23 12:10 | 政治 | Comments(0)

これはまだ序曲か・相次ぐ離党の動き

参院選へ相次ぐ離党の動き 民主に見切り 崩壊第2幕
■川崎氏・植松氏が意向、岩本氏も

夏の参院選をにらみ改選を迎える参院民主党議員の離党の動きが21日、相次ぎ判明した。
支持率が低迷し、日本維新の会など第三極との選挙協力もままならない民主党。党内からは「一刻も早く泥舟から逃げ出すというわけか…」(中堅)とため息が漏れる。見切りをつけた議員たちが、われ先にと“脱走”しようとしている。

離党の意向を固めたのは川崎稔(佐賀選挙区)、植松恵美子(香川選挙区)両参院議員。2人は22日に離党届を提出し、無所属となる予定だ。衆院選大敗後の離党の動きはこれが初めて。このほか20日には、党福岡県連が、現職の岩本司参院議員が公認候補の公募に応じなかったことを明らかにしている。

川崎氏は昨年11月に参院選不出馬を表明している。
産経新聞の取材に「平成24年度補正予算案や日銀総裁人事など重要案件が続く。自由な立場で(賛否を)判断したい」と語ったが、地元の首長選に超党派の支援を得て出馬するのではともささやかれている。
植松氏は党公認候補に内定しているが、もともと鳩山由紀夫元首相に近く、昨年8月の消費税増税法の採決では造反票(反対)を投じた“前科”がある。選対幹部は「無所属のまま第三極の推薦を得て戦うのだろう。仕方がない…」と諦め顔だ。岩本氏に関しては維新にアプローチしているとの見方がもっぱらだ。

この時期の離党の動きは、24日の党大会前にけじめをつける意味合いがある。
もう一つは、維新やみんなの党に選挙協力を呼びかけているにもかかわらず、蚊帳の外に置かれていることへの焦りもある。
21日には維新の橋下徹共同代表(大阪市長)から「価値観が決定的に違う人たちが集まっている政党。党としての体(てい)をなしていない」と言われる始末だ。
川崎、植松両氏が離党すれば参院民主党会派は85人になり、第2会派の自民党との差は2人に縮まる。第1会派から転落すれば、参院でわずかながら残っていた影響力も地に落ちる。このため、執行部は離党しても会派にはとどまるよう説得する方針だ。
「じゃんじゃん離党すればいい!」
参院幹部は投げやり気味にこう語るが、民主党内では、参院のみならず、衆院でも複数の離党候補者の名前がささやかれる。

民主党が「崩壊の第2幕」に突入したのはもはや疑いようがない。

【産経新聞】



安倍内閣の支持率も上がって、党内が相当ギクシャクしているのかもしれません。
by kura0412 | 2013-02-22 15:33 | 政治 | Comments(0)

マイナーナンバー制が導入されると

マイナンバー制 関連法案 来月1日、閣議決定 共通番号制導入へ

政府・与党は20日、国民一人一人に番号を割り振り、納税情報や社会保障情報を一元的に管理する共通番号「マイナンバー」制度を導入するための関連4法案について、3月1日に閣議決定する方針を決めた。今国会で予算関連法案として成立させ、平成28年1月の利用開始を目指す。

4法案は、民主党政権が昨年の通常国会に提出後、自民、公明、民主3党の実務者で修正協議を続けていたが、昨年11月の衆院解散でいったん廃案となっていた。政権交代後、政府・与党は3党の修正協議の結果を踏まえて、法案を国会に提出する。
法案は、27年に市区町村が国民全員にマイナンバーが記載された「通知カード」を送付する。希望者に、通知カードと引き換えに顔写真付きの「個人番号カード」を配る。
個人番号カードは本人確認のための公的証明書として利用できるほか、民間カードとの連携も期待されている。行政機関にとっては、事務効率化に加え、正確な所得情報の把握や社会保障の不正受給防止などのメリットがある。

ただ、個人情報の一元化に伴い情報漏洩(ろうえい)の被害も予想される。
法施行1年後をめどに、マイナンバーを適切に利用しているか行政機関を監視・監督する「特定個人情報保護委員会」の権限拡大を検討する。政府のインフラ投資の無駄を減らすため、政府の電子システムを統括する政府CIO(最高情報責任者)に「内閣情報政策監」としての法的権限も持たせる。

(用語解説)マイナンバー制度
住民基本台帳ネットワークをもとに国民全員に番号を付け、年金、医療、介護、福祉、労働保険、税務などの利用情報を結び付ける制度。効果的な社会保障給付や災害時の被災者支援などでの活用が期待できるが、個人情報漏洩や目的外利用を懸念する声も根強い。

【産経新聞】




果たして日常の臨床現場にどんな影響があるのか今後の進展に注意が必要のようです。
by kura0412 | 2013-02-21 10:34 | 医療政策全般 | Comments(0)

参議院選挙と社会保障改革は対として考え

首相、社会保障制度改革「先送りする考えない」

安倍首相は20日午前の参院予算委員会で、政府の社会保障制度改革国民会議や、自民、公明、民主3党で議論している社会保障制度改革について、「先送りする考えはしていない。しっかり議論しながら成案を得るべく、参院選でも『こういう基本姿勢でやっていきたい』と堂々と述べたい」として、今年夏の参院選前に一定の方向性を示す考えを明らかにした。
同委員会で行われた「安倍内閣の基本姿勢」に関する集中審議で答弁した。

国民会議は、昨年の自公民3党合意で成立した社会保障制度改革推進法に基づき内閣に設置され、有識者が社会保障の将来像を議論する。同法では、法施行1年後の今年8月21日までに、同会議の結論を踏まえた法制上の措置を講ずることを、政府に求めている。

【読売新聞】



参議院選挙と社会保障改革は対に考える必要がるようです。
by kura0412 | 2013-02-20 17:40 | 政治 | Comments(0)

自民党基本方針6項目がTPP参加のハードル

TPP、例外設けられるかどうかだ…首相

安倍首相は19日午前の参院予算委員会で、環太平洋経済連携協定(TPP)について「我が党は聖域なき関税撤廃を前提条件とする以上交渉には参加しないとの選挙公約を掲げて(衆院選の)選挙戦を戦った。(日米首脳会談では)日本の国益を守る代表として交渉に臨むわけだから、国益を確保するために全力を尽くしていきたい」と語った。
交渉参加の是非を判断するため、22日(日本時間23日)の日米首脳会談で関税撤廃に例外が設けられるかどうか可能性を探る考えを示したものだ。

自民党外交・経済連携調査会が国民皆保険や食の安全などに関する6項目の基本方針をまとめたことについては「重く受け止めている」と述べた。
質問に立った自民党の山田俊男氏が日本の例外品目は840に上ると強調したのに対し、首相は「様々な経済交渉を実際に行ってきた経験の蓄積がある。経験に基づく責任ある判断をしたい」と述べるにとどめた。

【読売新聞】



自民党内でまとめた基本方針の6項目がTPP参加のハードルのようです。
なお質問した山田議員は農協支援の職域代表議員です。
by kura0412 | 2013-02-19 18:07 | 政治 | Comments(0)

民主党の経済金融政策の考えは

【主張】安倍政権の経済財政・金融政策について
民主党「次の内閣」ネクスト財務・金融大臣 前原 誠司

わが国の経済は東日本大震災で大きく落ち込んだ後、ゆっくりとではありましたが回復軌道に乗っていました。しかし、昨年の春から夏にかけて、EU・中国など海外の景気の減速などを受けて回復のペースが鈍っていました。当時、私は政調会長を務めており、景気の状況に注視をしていました。9月に野田内閣の改造が行われ、私が経済財政担当大臣に就任した前後から、景気の状況を示す指標に低下傾向が見られたことから、私は野田総理と相談をして早期に経済対策に取り組むことにしました。
そして、担当大臣として10月、11月と立て続けに経済対策をとりまとめ、国費で1.3兆円程度(経済対策の事業規模としては5兆円程度)の支出を決定しました。政府の経済運営を担当する大臣としては、経済対策の規模として不十分であり、選挙後に本格的な経済対策を講じるべきと考え、総理の了解も得、選挙期間中も党の政策として訴えて参りました。

選挙によって政権が交代し、昨年末に発足した安倍内閣は1月11日に経済対策を、15日に経済対策を実施するための補正予算を決定しました。経済対策の必要性自体は、民主党も共有しますが、問題はその中身だと考えています。
安倍総理は自らの経済政策を「3本の矢」と称しています。すなわち「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」を同時展開していくと主張をされています。
「大胆な金融政策」については、民主党政権でも積極的に取り組んできました。とりわけ、私が民主党の政調会長の任にあった一昨年の夏から昨年の夏にかけては、党内で積極的な議論を行い、私も様々な形で日銀と意見交換を繰り返していました。その結果、昨年2月に日銀は「物価上昇率1%を目途とする」と実質的に「インフレ・ターゲット」に踏み込みました。また、私が日銀との連携を図る政府側の窓口である経済財政担当大臣であった昨年10月には、歴史上初めて政府と日銀が「共同文書」という形でデフレ脱却の重要性を確認しました。これは政府と日銀の「アコード」に限りなく近いものであったと思います。
安倍総理が現在主張している「大胆な金融政策」は、これまで民主党政権が進めてきた強力な金融緩和、日銀の密接な連携の延長線上にあり、方向性は一致しています。デフレ脱却は日本経済再生に向けた不可避の課題ですので、どの党が政権を担っても真っ先に取り組み、これを実現しなければなりません。ただし、日銀法を改正して政府が日銀総裁を罷免できるようにする、という点は賛成できません。日銀の独立性は歴史の教訓であり、先進国共通の枠組みです。これを維持できなければ、日本の通貨や財政に対する信頼が失墜し、かえって日本経済を混乱させると思います。

安倍政権で大きく変わったのが、公共事業偏重、財政規律軽視の経済対策です。民主党政権では、「コンクリートから人へ」「国債発行44兆円」という基本路線を維持してきましたが、今回の自民党政権の補正10兆円の半分は公共事業に充て、今年度の国債発行額は50兆円程度と様変わりしました。やはり「古い自民党」に戻ったという感は否めません。
中央高速の笹子トンネル事故に見られるように、社会資本の老朽化対策や防災対策の必要性は否定しませんが、バブル以降の公共事業を中心とした経済対策が経済の再生につながらず、天文学的な財政赤字を残したことの教訓は忘れてはなりません。何より懸念しているのは財政規律です。公共事業が経済の再生につながらず、財政赤字だけが膨らめば、格付けの低下などを通じて、国債価格の暴落、金利の急上昇が起こりかねません。わが国の場合、民間銀行が巨額の国債を保有しているため、国債価格の暴落は銀行の貸し渋りや金融システムの不安定化をもたらす恐れがあります。この点については、強い懸念を持っています。

安倍政権の成長戦略は、現時点ではあいまいです。
民主党政権では、「グリーン(環境・エネルギー)」「ライフ(医療・介護)」「農林漁業」を明確に成長分野に位置づけ、これらに予算、税制、規制改革などの政策手段を重点的に投入する方向性を「日本再生戦略」で明確にしていましたが、先に安倍政権がまとめた経済対策は総花的であり、具体的な成長分野、手段が不明確です。また、海外の需要を取り込む経済連携や、経済成長を促す規制改革の方向性も明らかではありません。

わが国の経済は「人口減少」「一本足打法と呼ばれる、過度に自動車に依存した経済構造」「先進国最悪の財政」という構造問題を抱えています。これらの課題を乗り越えなければ、安定した経済成長を実現し、国民が安心して生活できる環境をつくることは困難です。今回の安倍政権の経済政策、補正予算が真にこれらの課題に応える内容となっているのかどうか、国会審議などを通じて、確認していきたいと考えています。

【民主党HP】



基本的な考えに安倍政権とそう大きな相違を感じないのですが、もし、これに異論があるとするならば、また党内不一致となります。
by kura0412 | 2013-02-19 18:01 | 政治 | Comments(0)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412

プロフィールを見る
画像一覧

ミラーを片手に歯科医師の本音

回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
政治・経済

画像一覧