<   2013年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

経産省からも予算が

【来年度予算】ヘルスケア産業に167億円-経済産業省

経済産業省は2013年度予算案で、今年度当初予算から754億円(7.3%)増の1兆1044億円を計上した。医療・介護関連では、介護ロボットの開発・導入促進や再生医療の育成などをテーマとする「ヘルスケア産業の育成」で、今年度当初予算から61.8%増の167億円が充てられた。
「ヘルスケア産業の育成」の内訳は、IT創薬技術の向上や次世代抗体医薬などの安定生産技術の開発などを行う「個別化医療に向けた次世代医薬品創出基盤構築事業」に37億円、再生医療製品の薬事審査の迅速化を目的とした臨床研究やデータ分析を行う「再生医療等産業化促進事業」に10億円が充てられた。

■「介護ロボット」に23.9億円、厚労省でも8300万円
高齢者の自立支援や介護従事者の負担軽減を目的とした介護ロボットの開発や、現場におけるニーズ調査を行う「ロボット介護機器開発・導入促進事業」には、23.9億円が計上された。
なお、介護ロボットについては、厚生労働省老健局の関係予算案でも、「福祉用具・介護ロボットの実用化の支援」として8300万円が充てられている。

【キャリアブレイン】



これから経産省も次第に医療に係わってきます。ここに歯科界もどう関連づけるか、まさにイノベーションが必要です。
by kura0412 | 2013-01-30 12:47 | 医療政策全般 | Comments(0)

維新とみんなが休戦なるか

橋下氏、渡辺氏に「休戦」申し入れ 批判合戦で

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は29日、みんなの党との合流構想を巡り、同党の渡辺喜美代表と批判合戦となっている状況を受け、渡辺氏に「(批判が)エスカレートしないよう気をつけましょう」と連絡したことを明らかにした。大阪市内で記者団に語った。

橋下氏は28日に渡辺代表の留守番電話に「組織のトップとして(批判を)公言されたらひと言、言わせてもらわないといけなくなる。引き続き良好な環境を維持できると思っている」と伝言。みんなの党の江田憲司幹事長とも電話で同様のやりとりをしたという。
衆院選での両党の競合を巡っては渡辺氏が27日に「維新に猛省を促したい」と批判。橋下氏が「渡辺代表にももう少し大人の政治家になってもらいたい」と反論し、維新の石原慎太郎共同代表も「渡辺氏は自意識がありすぎる」と発言した。

【日経新聞】



果たして本当に休戦状態になるのでしょうか。
by kura0412 | 2013-01-29 17:27 | 政治 | Comments(0)

維新・みんな・民主党の一部で新党?

橋下氏「維新・みんな・民主の一部で新党を」

日本維新の会の橋下共同代表(大阪市長)は28日、今夏の参院選に向けたみんなの党などとの合流構想について、「自民党の対抗勢力として維新の会、みんなの党、民主党の一部で新しい政党を作っていくことが日本のためになる」と述べ、政策が近い民主党議員を含めた新党を結成するべきだとの考えを明らかにした。

橋下氏は「みんなの党との合流を模索し続ける。維新の会の存続にはこだわらない。参院選で選択肢を示すことが政治家の役割だ」と述べた。
みんなの党の渡辺代表は27日の党大会で、維新の会との合流について、「あり得ない。信頼が崩れている」と否定。これに対し、橋下氏は「渡辺代表にはもう少し、大人の政治家になってもらいたい」と指摘し、「僕が気にくわないなら(共同代表を)引いても構わない」とも述べた。

【読売新聞】



このラブコールに一番期待しているのはみんなの党よりも民主党の議員かもしれません。
しかし、本当に実現可能でしょうか。
by kura0412 | 2013-01-28 17:47 | 政治 | Comments(0)

税制改正大綱決定

「四段階制」、年収7000万超は適用外- 与党が13年度税制改正大綱を決定

自民、公明両党は24日、2013年度税制改正大綱をまとめた。社会保険診療報酬の所得計算の特例(いわゆる「四段階制」)については、医業・歯科医業に関する年収が7000万円を超える人を適用から除外することが盛り込まれた。法人は13年4月以降に始まる事業年度から、個人は14年分以後の所得税から適用される。

【キャリアブレイン】



ちなみ歯科において、昨年度は今回除外された7000万円を超える人はなしということだそうです。
また、税制改正大綱の中では、消費税の損税、事業税に関しては引き続き検討課題としてあります。
by kura0412 | 2013-01-25 16:36 | 医療政策全般 | Comments(0)

歯科と成長戦略

健康・農業など重点4分野 産業競争力会議の成長戦略

政府の産業競争力会議が今年6月をめどにまとめる新しい成長戦略の方向性が22日、明らかになった。2030年の日本の「社会のあるべき姿」を前提にして、戦略的に創造する新市場を設定する。健康、エネルギー、次世代インフラや、農業・水産業などの地域資源の4つを重点分野として掲げる。23日の競争力会議で示す。
政府は今後の日本経済の姿として「貿易立国と産業投資立国との双発型エンジンの産業国家」を目指す方針。

【日経新聞】




歯科界としてこの成長戦略にどう取り組むのか取り組まないのか。そのかじ取りは非常に難しい判断です。
by kura0412 | 2013-01-23 18:02 | Comments(0)

自民党45歳以下の国会議員が82人

『82人』

こんにちは。小泉進次郎です。
今日の自民党総務会で正式に青年局人事が決定されました。82人という大所帯になったことで今までとは全く違う運営が求められると思います。試行錯誤しながら大勢の仲間たちと一緒に汗をかいていきたいと思います。
45歳以下だけで82人というのは、自民党の若返りの象徴の一つですね。

【小泉進次郎衆議院議員ブログ】



確かに82人というと相当な勢力に成り得る数です。
果たしてこのメンバーが一過性の議員に留まるか、これから大きく成長するのかは、今後の政局の大きな流れで決まります。
by kura0412 | 2013-01-22 17:51 | 政治 | Comments(0)

社会保障国民会議と三党実務者会議

社会保障国民会議、8月までに改革案 首相が要請

政府は21日午前、有識者が社会保障の将来像を検討する社会保障制度改革国民会議を首相官邸で開いた。安倍政権発足後では、初めての開催となる。
安倍晋三首相は「暮らしの再生は内閣の重要課題だ。3党合意に基づき一体改革を進める」と述べ、国民会議の設置期限となっている8月21日までに改革案をまとめるように要請した。

国民会議は、社会保障と税の一体改革で自公民の3党が合意して設置が決まった。民主党政権下で2回開かれ、衆院選をはさんで中断していた。テーマは年金、医療が中心で、介護や少子化対策についても議論する。
自民、公明両党と民主党で考え方が異なる年金制度や高齢者医療制度で、どのような改革案を出すかが焦点となる。民主党は最低保障年金の創設や後期高齢者医療制度の廃止を訴え、国民会議で検討してもらいたい意向だ。一方、自公両党は現行制度をベースにした改革を基本としている。
国民会議は有識者の検討の場となるが、民主党の主張に理解を示す委員は少ない。現行制度の範囲内で、給付抑制策や負担増を打ち出す方向で改革案が取りまとめられそうだ。
国民会議と並行して、自公民の3党は実務者協議で、社会保障の将来像を議論する。民主党は衆院で大きく議席を減らしており、自公ペースで議論が進みそうだ。

【日経新聞】



この国民会議と三党実務者会議との棲み分けは今の所まだはっきりしていません。
by kura0412 | 2013-01-22 17:01 | 政治 | Comments(0)

8月21日までに取りまとめ

社会保障国民会議を再開=政権交代後初―政府

政府は21日午前、政権交代後初めてとなる社会保障制度改革国民会議(会長・清家篤慶応義塾長)を開催し、改革論議を再開した。与野党間で見解の隔たりが大きい年金、高齢者医療の扱いをはじめ、今後の社会保障制度の在り方を設置期限の8月21日までに取りまとめる。

安倍晋三首相は冒頭、「安倍内閣としても(社会保障と税の一体改革に関する)民主、自民、公明3党合意に基づき、一体改革をしっかりと進めることをはじめ、安心社会をつくり上げるために全力を尽くしていく所存だ」とあいさつした。この日は、会議を2月に2回程度開催し、経済界からヒアリングを行うことを決めた。 

【時事通信】




8月の取りまとめ前の7月には参議院選挙があります。
by kura0412 | 2013-01-21 14:20 | 医療政策全般 | Comments(0)

ご自身も十分にご注意くださいー鳩山元総理の発言に対して菅元総理が

「元総理の発言」

鳩山さんの海外での発言が物議をかもしている。鳩山さんは素直に個人の意見と思って発言しているようだ。
しかし、元総理という立場を考えれば、意見を言うにも、どこで発言するのか、誰に言うのか、マスコミに流れるように言うのか、それとも個人的に伝えるのか、そうした事を考え・・・・

【菅直人元総理ブログ】




この人に言われたらもうお終いという感じです。ご自身も十二分にご注意ください。
by kura0412 | 2013-01-18 17:51 | 政治 | Comments(0)

難しい野党の国会対応

補正審議、野党「反対ありき」終焉!? “決める政治”へ脱皮中

政府が15日に閣議決定した平成24年度補正予算案の国会審議が、従来とは大きく様変わりするかもしれない。
予算案をめぐる与野党攻防は通常、前半国会の大きな焦点となるが、今回の補正予算案には野党の日本維新の会やみんなの党からも評価する声も上がっている。「決められない政治」と批判された民主党政権の轍(てつ)を踏むまいとする意識が、与野党ともに働いているようだ。

◆民主対応に注目
「株(価)が高くて…。高いうちは大丈夫ですよ」
民主党の池口修次参院国対委員長は15日、国会内で自民党の脇雅史参院国対委員長と会談した際、補正予算案の審議に柔軟に対応する考えを示した。
先の衆院選で惨敗したとはいえ、民主党はれっきとした野党第一党。通常なら政府・与党との対決姿勢を示すため、予算案には反対するのが普通だ。
だが、池口氏は予算案に賛成する可能性さえにじませた。脇氏はここぞとばかりに通常国会を28日に召集、同日中に安倍晋三首相の所信表明演説を行い30日から2月1日まで衆参本会議で代表質問を実施する-という日程案を通知した。

◆維新は協力表明
補正予算案への対応をめぐっては、安倍首相と11日に大阪市内で会談した日本維新の会の橋下徹代表代行と松井一郎幹事長が協力を早々と表明している。
みんなの党も、江田憲司幹事長が15日の記者会見で「基本的な考え方についてはよい」と評価。ただ「自民党は得てして選挙の恩返しのために大規模プロジェクトに走る。国会で精査し、公共事業のばらまきに歯止めをかけなければならない」とくぎを刺した。
共産、社民両党は「小泉構造改革の焼き直しだ」などと批判を強め、反対する構えを見せているが、「野党だから予算案に反対」という単純な図式ではなくなっているのも事実だ。

◆意識改革芽生え
背景にあるのは、政府の緊急経済対策に対する市場の期待感だ。
円安が進み、株価も回復基調にある中、経済対策を盛り込んだ今回の補正予算案に反対すれば逆に非難を浴びかねない。
もう一つ、「決められない政治」から脱却をしなければならないという意識が野党側にも芽生えていることも大きい。維新の石原慎太郎代表は13日のNHK番組で「健全な野党は是々非々でやらなくちゃいけない」と強調している。

次期通常国会は、新たな与野党攻防のあり方を探る舞台となるかもしれない。

【産経新聞】



ある意味野党の国会対応も難しいようです。
by kura0412 | 2013-01-16 16:25 | 政治 | Comments(0)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

ミラーを片手に歯科医師の本音

回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
政治・経済

画像一覧