ブログトップ | ログイン

日本の歯科界を診る

<   2012年 10月 ( 43 )   > この月の画像一覧

一体改革に翻弄される医療現場(1)- 政治混乱も、底流に「2025年モデル」

2009年8月に政権交代、その1年後に国会で衆参がねじれて以来、「決められない政治」が続いている。社会保障制度改革も例外ではなく、今年8月に社会保障・税一体改革関連法が成立し、消費増税のスケジュールは決定したが、具体的な改革は社会保障改革国民会議(国民会議)に委ねられた。
団塊世代が75歳以上になる25年を控え、増大する医療ニーズにどのように対応していくのか-。医療現場は、はっきりとした青写真が描けないでいる。一体改革に翻弄される現場を追った。

■財源見つけられなかった民主党
「医療に必要なお金を付けようという民主党の姿勢は、評価しなくてはいけない。しかし、そのための財源を見つけられなかったことが、一体改革で民主党と医療界がぎくしゃくし続けた大きな要因になった」―。多摩大統合リスクマネジメント研究所の真野俊樹教授は、こう語る。
09年の衆院選で民主党が圧勝し、政権が交代した。その年末の10年度予算編成では、自公政権が続けてきた「社会保障費2200億円削減」が撤廃され、10年度診療報酬改定はネットで10年ぶりのプラス改定となり、医療界は医療に財源を充てる姿勢を見せる民主党を支持した。
しかし、民主党がマニフェストで掲げた、「税金のムダづかいを見直し、新たな財源を生み出す」という目標は、事業仕分けなどを行っても結果を残せなかった。医療ツーリズムなど、医療を「産業化」させて財源を捻出するシナリオも、思うように進んでいない。「産業化」の象徴として11年1月に発足した内閣官房の「医療イノベーション推進室」の初代室長に、中村祐輔氏(当時、東大医科学研究所ヒトゲノム解析センター長)が就任したが、年内に辞任してしまった。
医療にお金を回すためのキーワードだった「効率化」と「産業化」のどちらも、期待外れだったことは否定できない。
真野氏は、民主党と医師会の微妙な関係も、一体改革の進捗を遅らせたと指摘する。
「民主党とのパイプをうたい、10年4月に誕生した原中勝征会長をトップとする日本医師会内部は、民主党支持が多数ではあったが、一枚岩ではなかった。10年の参院選で民主党が大敗すると、医師会の中で、民主党への不満が一気に噴き出した。医師会は部分的な産業化には賛成し、医療イノベーションにも反対はしていなかったが、それ以降、民主党との対立が鮮明になった」。

■経済成長と社会保障の両立なければ、究極の選択も
真野氏は、今後設置される国民会議で、医療を含め、年金などの社会保障全般が議論されることで、医療の細かい議論が埋没し、医療の産業化という課題の議論も深まらないのではないかと懸念している。
真野氏は、アジア諸国が医療の産業化モデルを採用しつつある中で、世界最速の超高齢化問題を解決しなければならない日本には、医療の産業化の視点は欠かせないと言う。今後、経済成長と社会保障の両立ができなかった場合、治療(キュア)モデルか、ケアモデルのどちらかを選ぶという究極の選択を迫られる可能性もあると指摘する。
「キュアモデルをとった場合は、高度医療が維持される一方、医療へのアクセスは後退する。逆に、ケアモデルに重点を置いた場合、医療へのアクセスは維持されるが、高度医療が犠牲になる。一番いいのは両方とも充実させることだが、それは産業モデルをうまく活用し、イノベーションを起こさなければ難しい」

【キャリアブレイン】



経済成長と社会保障の両立を図る歯科領域のイノベーションにはどんなものがあるのでしょうか。
その答えをもっていなければ、歯科界はこれからの社会に取り残されます。
by kura0412 | 2012-10-23 17:42 | 医療政策全般 | Comments(0)

<田中法相辞任>首相任命責任が焦点に…民主党内からも批判

暴力団関係者との交際が発覚した田中慶秋法相が23日、内閣改造からわずか3週間で辞任に追い込まれた。自民党など野党は一斉に野田佳彦首相の任命責任を追及し、早期の衆院解散・総選挙に追い込む構えを強めている。民主党内でも田中氏の法相起用に当初から疑問の声があっただけに、首相の求心力低下は必至だ。

民主党の安住淳幹事長代行は23日午前、「あくまで体調が悪くやむを得なかった」と記者団に強調する一方で、「首相は後任をしっかり人選し、内閣の態勢固めを急いでほしい」と注文をつけた。
9月の民主党代表選で首相再選を支持した田中氏の初入閣は論功行賞色が濃く、政府・民主党内の受け止めは総じて厳しい。
仙谷由人副代表は23日午前のTBS番組で「なぜこういう人事をしたのか分からない」と不満をにじませ、郡司彰農相は記者会見で「信頼を取り返すには一定の時間がかかるかもしれない。残念だ」と語った。閣僚経験者の一人は「もっと早く辞めてくれればよかった」と嘆いた。

一方、野党は勢いづいている。
自民党の石破茂幹事長は23日午前の記者会見で「(首相は)なぜ不適格な人を任命したのか。田中氏が国会に出席しなかったことは、辞任しても消えるものではない。首相の任命責任は極めて重大だ」と指摘した。公明党の漆原良夫国対委員長も記者団に「辞任は当たり前で遅すぎた。こういう法相を選んだ首相の任命責任は非常に重い。民主党政権は閣僚の任命を非常に軽く考えている」と語り、首相批判のトーンを上げた。
田中氏の辞任には、29日召集の臨時国会前に幕引きを図りたい民主党の思惑も透ける。
しかし、田中氏はこの日、閣議を欠席したうえ、体調不良を理由に辞任記者会見も行わず、野党は追及の手を緩めそうにない。三井辨雄厚生労働相は23日の記者会見で「(田中氏)ご本人がそういう判断をされたんでしょう」と突き放した。

【毎日新聞】



首相の権限には大きく三つあり、これを利して政局を自らコントロールするのが常です。
一つが人事権、二つ目が予算編成決定権、そして衆議院解散権です。
今回その一つの人事権で逆にミスを付けてしました。
その為、野田首相は最後の予算編成をもって政局をコントロールしようと考えていますが、これも赤字国債法案の問題で封印状態です。
そして、本来一番の力を発揮するはずの解散の権利を逆に隠すことになって、実質、首相の権利を自由に操ることが出来ない死に体状態となっています。
by kura0412 | 2012-10-23 16:06 | 政治 | Comments(0)

閣僚からも年内解散論が

前原氏が年内解散論 安倍氏「発言は重い」

野田佳彦首相が「近いうちに信を問う」としている衆院解散の時期について、前原誠司国家戦略担当相は21日のフジテレビ「新報道2001」で「私の感覚で言うと、年明けに解散したら『近いうち』じゃない。首相は約束を絶対に守る人だ」と述べ、年内に踏み切るべきだとの考えを示した。
野党側からは「発言は重い」(安倍晋三自民党総裁)などと歓迎の声が上がる一方で、民主党の安住淳幹事長代行は不快感を示し、政府・与党の足並みの乱れを露呈した。

前原氏は19日の民主、自民、公明3党首会談で首相が(1)衆院選挙区の「一票の格差」を是正するための「0増5減」の先行実施(2)特例公債法案処理のルール作り(3)社会保障制度改革国民会議の設置-の3条件に言及したことに触れ、「首相は3つが終わったら、信は必ず問うと言っている。おのずと落としどころは決まってくる」と強調した。
首相が具体的な解散時期を明示しないことについても「解散と言った途端にレームダック(死に体)になり、何かがあったときに(やるべきことを)できなくなることを心配している」と説明。野党が3条件に協力することが解散への近道になるとした上で「首相は誠実な人だから、自分の言ったことには責任を持たれる」と述べた。

◆安住氏は反発
この発言に対し、安住氏は高松市内で記者団に「(解散時期に関して)周りがとやかく言う話ではない」と批判した。前原氏の「年内解散論」についても「個人の感覚として発言したと聞いている。党執行部の意思ではない」と断言した。
一方、安倍氏は福岡市内での講演で「前原氏は野田政権の重要閣僚だ。発言した前原氏本人も責任を伴う」と指摘した。公明党の山口那津男代表も松山市内で、記者団に前原氏の発言を「正しい認識」と評価した。
解散時期をめぐっては、樽床伸二総務相が数カ月かかるとされる衆院選挙区画定審議会での新区割りの策定を待って次期衆院選を実施すべきだとの考えを示している。閣僚がそれぞれの思惑含みで解散の時期に言及し、バラバラの発信をする事態となっている。

【産経新聞】


強まる解散先送り論、支持2割切る 朝日新聞世論調査

野田内閣の支持率が1割台に突入した。昨年9月の内閣発足以来最低だ。
田中慶秋法相を起用した野田佳彦首相の任命責任や米軍オスプレイの沖縄配備への批判も強く、政権運営が一層厳しくなるのは必至。民主党内には衆院の早期解散は難しいとの見方が広がり、首相の辞任論もくすぶり始めた。

民主党幹部は支持率下落について「これでは解散はできない。
改造人事が失敗だった」と指摘。官邸スタッフは「3党党首会談も響いた。首相が予算編成にまで言及し、首相の欲が見えてしまった」と見る。
衆院比例区での投票先は自民党が圧倒。
自民、公明両党が求める年内解散に踏がみ切れば、民主党が惨敗するのは避けられそうもない数字だ。副大臣の一人は「解散すれば大半は戻って来られない。野党転落は確実だから、もう少し与党でいたい」と本音を漏らす。
ただ、解散時期をめぐっては党幹部の間でも足並みが乱れている。

【朝日新聞】



解散が難しいのは議席保持の考え方だけです。しかし、この状況のままでは国全体が動きません。年内解散の意思を示すことだけすれば、補正予算も含めて重要案件は一気に解決されるはずです。野田政権が末期的な症状に陥り始めてきたのかもしれません。
ここまでくれば1日も早く決断する方が得策だと思うのですが、この引き伸ばしが議員心理というものなのでしょうか。
by kura0412 | 2012-10-22 12:07 | 政治 | Comments(0)

3党党首会談決裂、解散示さず 「空手形」ツケ重く
■「私を信じてほしい」野田首相/「誠意のなさに怒り」安倍総裁/「国民をバカにした」山口代表

野田佳彦首相が「近いうち解散」の約束を履行する気がないことが明白となった。
18日の民主、自民、公明3党の幹事長会談で、民主党の輿石東氏が解散時期に関し、首相から「新提案」があるとし、自公両党に期待を抱かせただけにその失望は大きい。内閣支持率が低迷しているうえ、田中慶秋法相の辞任が避けられなくなったことで解散どころではないというのが首相の本音のようだ。だが、公党との約束を破ったツケが首相に跳ね返ってくるのは確実だ。

特例公債法案の未成立で平成24年度予算の約4割の財源にめどが立たない現状を打開するには、野党の協力が不可欠だ。そのためには解散時期を明確にする必要があるのは火を見るよりも明らかだが首相は自公両党に共同責任を負わせようという姿勢に終始した。
「予算と一体で特例公債法案を処理するルールを作りましょう。来年の通常国会でそういう法案を提出するという付則を(特例公債法案に)入れてはどうか」
首相が「来年」に言及すると、公明党の山口那津男代表がすかさず「谷垣禎一自民党前総裁はあなたが社会保障・税一体改革関連法を成就したことでここにいられなくなった。谷垣氏との約束があるのでしょう」と詰め寄った。

不意を突かれた首相に、自民党の安倍晋三総裁がたたみかけた。
「あなたは谷垣さんに『来年の予算編成をしない』と言った。私は引き継ぎを受けている」
突然の指摘に、首相は「言った、言わないの話になるから、言わない」「そういう認識はない」と、しどろもどろで答えた。
安倍、山口両氏は会談に先立ちこの「密約の暴露」作戦を周到に打ち合わせていた。「近いうち解散」をほごにしようという首相の思惑を打ち砕く狙いがあった。
それでも、首相は会談に同席した輿石氏と事前に確認した通り、解散時期の確約を拒み続けた。
「だらだらと政権の延命を図るつもりはない。『近いうち』について、表現のギリギリまで申し上げたが」

首相は会談後、記者団にこう述べた。「表現のギリギリ」とは特例公債法案処理のルール作り、「一票の格差」是正をめぐる幹事長間協議、社会保障制度改革国民会議の始動の3条件が整った後の解散を示唆したことだ。
首相が延々と3条件を説明するのを、安倍、山口両氏は白けた表情で聞いていた。先の通常国会で特例公債法案、民主党提出の衆院制度改革関連法案の衆院採決を強行し廃案に追い込んだ責任は「野田-輿石」コンビにあるからだ。

格差是正を呼びかけたことも自公には解散先送りの策略と映る。
衆院選挙区画定審議会で新たな区割りを策定するには、法案成立から最低でも数カ月かかるとされる。実際、樽床伸二総務相は19日の記者会見で新たな区割りに基づいて次期衆院選を実施すべきだとの考えを強調した。
「新たな提案といっているが、党首会談をやることが、新たな提案なんだ」
輿石氏は会談前、党役員にこう打ち明けた。そこには首相が「政治生命を懸ける」とした一体改革関連法に賛成してくれた自公両党への誠意はみじんも感じられなかった。

【産経新聞】



当初の野田首相の狙いは信頼関係を構築することだったものが、逆に信頼関係を木端微塵に壊した党首会談になってしまったようです。
果たして臨時国会開催日程を決めてその後の戦略は野田首相、民主党にはあるのでしょうか。
by kura0412 | 2012-10-20 12:09 | 政治 | Comments(0)

消費税軽減では、保険診療も併せて議論を- 政府税調で櫻井厚労副大臣が訴え

政府税制調査会(会長=城島光力財務相)は19日、来年度税制改正に向けた議論を開始した。年内1回目の会合になるこの日は、厚生労働省など各府省庁からの税制改正要望をヒアリングした。この中で、櫻井充厚労副大臣は社会保険診療への消費税課税について、「医療関係団体は、ゼロ税率や軽減税率の導入を求めている。
消費税の軽減税率が議論される場合、社会保険診療への消費税課税の在り方も併せて検討してほしい」と述べた。政府税調は来週も、経済団体などからのヒアリングを続け、それが一巡したところで、個別課題の議論を開始する。

この日の会合で厚労省の税制改正要望を説明した櫻井副大臣は、社会保険診療への消費税課税について、「省内ではまず、8%に引き上げられた場合の具体的な検討を始めたが、社会保障・税一体改革関連法の中では、医療に係る消費税の課税の在り方について、引き続き検討することになっている」として、政府税調での議論にも期待感を示した。
櫻井副大臣はまた、具体的な要望として、
▽社会保険診療の所得計算の特例、いわゆる「四段階制」の存続
▽社会保険診療に係る事業税の非課税措置および医療法人の社会保険診療以外の部分に係る事業税の軽減措置の存続
▽高額な医療用機器等に関する特別償却制度の適用期限の延長
▽医業継続に係る相続税・贈与税の納税猶予の特例措置の創設―などを挙げた。

厚労省の要望に対する意見交換では、社会保険診療に係る事業税について、石津政雄総務大臣政務官から、「総務省の立場でコメントすると、医療機関も都道府県の行政サービスを受けている。応益課税であるので、事業税については医療機関も負担すべき」との指摘があった。これに対し櫻井副大臣は、「現在、地域医療を支えているのは民間病院。今、民間病院と公立病院が同じ条件で競争できているだろうか。地方の税制ということよりも、医療現場で働いている方々の立場もご理解いただきたい」と応じた。

【キャリアブレイン】



社会保障と税の一体改革の中で税に関しては、歯科界としては、この損税の問題が最も注目集める問題です。
但し、政局が流動的で、一旦決定した事項も翻る可能性もあります。
by kura0412 | 2012-10-20 10:19 | 政治 | Comments(0)

野田首相、解散時期明示せず=3党首会談は決裂

野田佳彦首相(民主党代表)は19日午後、自民党の安倍晋三総裁、公明党の山口那津男代表と国会内で約40分間会談した。
首相は、赤字国債発行に必要な特例公債法案などの成立に協力を求める一方、谷垣禎一自民党前総裁と合意した「近いうち」の衆院解散について「言葉の重み、責任は十分自覚している」と述べるにとどめ、具体的な時期は明示しなかった。安倍、山口両氏は納得せず、会談は決裂した。

会談で首相は、特例公債法案の早期成立に加えて、最高裁が違憲状態とした衆院小選挙区の「1票の格差」是正、社会保障制度改革国民会議の早期設置を要請。具体的には、予算案と特例公債法案を一体処理するルール作りを提起したほか、自民党が主張する衆院小選挙区の「0増5減」の先行実施について「多くの党が言うなら、そういうことを含め幹事長級で議論する」と柔軟姿勢を示した。
しかし、年内の衆院解散を求める安倍、山口両氏は「解散時期を明示してほしい。そうでなければ先の話はできない」と反発。首相は「だらだらと政権の延命を図るつもりはない。条件が整えばきちっと自分の判断をしたい」と理解を求めたが、会談は物別れに終わった。
会談後、首相は記者団に「残念ながらご理解をいただけないまま終わった」と述べた。一方、自民党幹部は「論評に値しない」と記者団に語り、解散時期を明らかにしなかった首相を批判した。 

【時事通信】



この結果で臨時国会開催の目途は全く立たなくなってしまいました。
もし、2回目の党首会談開催があるならば、その時は野田首相は追い詰められた状況での解散となってしまいます。
by kura0412 | 2012-10-19 18:18 | 政治 | Comments(0)

カズ、日本代表でW杯へ!

日本サッカー協会は19日、タイで11月1日から開催されるフットサルのワールドカップ(W杯)日本代表を発表し、サッカー元日本代表のFW三浦知良(45)=横浜FC=を選出した。「カズ」の愛称で知られ、日本のプロサッカー界のパイオニアとして日本代表やJリーグで活躍しながらサッカーW杯の出場経験はなく、日本代表として初のW杯に臨む。Jリーグの現役選手が選出されるのも初めて。

三浦は1993年のW杯米国大会アジア最終予選で日本が敗退した「ドーハの悲劇」を経験し、日本が初出場した98年のW杯フランス大会では直前に代表落ちした。今季はJ2横浜FCで自身のJリーグの最年長出場、得点記録を更新した。
名古屋市内で代表合宿に参加しているが、風邪気味で大事を取ってこの日午前の練習を休んだ。午後の練習には参加する予定。
フットサルW杯に3大会連続で出場する日本は1次リーグC組で前回王者ブラジルのほか、ポルトガル、リビアと対戦する。

【共同通信】



ブールのナショナルチームのユニフォーム着たカズの喜びの顔は、現役に拘る彼の気持ちを表していました。
現役に拘りたい。その為には何をしなければいけないのか。
生涯現役を目指す私も教わること多々あります。
by kura0412 | 2012-10-19 12:24 | スポーツ | Comments(0)

「明日にも党首会談を」、輿石氏が自公に要請

民主党の輿石、自民党の石破、公明党の井上の3幹事長は18日午後、国会内で再会談した。
輿石氏は、「明日(19日)にも党首会談を開きたい」と要請したうえで、「近いうち」の衆院解散・総選挙という合意を巡り自公両党が年内の実施確約を求めていることについて、「党首会談では、真摯(しんし)に受け止める、重く受け止めるというだけでなく、もう少し具体的な提案もあるのではないか」と述べた。
これに対し、石破、井上両氏は党首会談に応じるかどうか、同日夕に回答するとして持ち帰った。

【読売新聞】



三党首会談で野田首相が「赤字国債法、定数是正、そして経済対策が成立したら速やかに決意したい」となれば、即、臨時国会は動くのですが、幹事長会談でそのニアンスがあれば明日の党首会談は実現します。
ここで引っ張って解散先伸ばししても政治が停滞して更に政局は悪くなるばかりです。後は、野田首相の覚悟に懸かっています。
by kura0412 | 2012-10-18 15:52 | 政治 | Comments(0)

高齢者医療、応能負担の視点など踏まえ検討- 三井厚労相

三井辨雄厚生労働相は16日の閣議後の記者会見で、来年度予算編成での高齢者医療制度における70-74歳の医療費の窓口負担の取り扱いについて、「世代間の公平性や、高齢者でも、それなりの負担をしていただきたいという話もある」と述べ、高齢者であることで区別することなく、所得などの支払能力に応じた負担を求める応能負担の視点などを踏まえて慎重に検討していく考えを示した。

70-74歳の医療費の窓口負担は現在、特例措置で1割に据え置かれており、来年度以降も継続するかどうかが、年末に向けた予算編成の焦点の一つになっている。
15日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の分科会では、法律上の2割負担に戻す必要があるとの認識でおおむね一致していた。三井厚労相は就任以来、70-74歳の窓口負担を2割に引き上げることに慎重な姿勢を示していたが、16日の会見で、これまでの考えを軌道修正した格好だ。【

【キャリアブレイン】


三井厚労大臣も一転したようです。
継続するとすれば補正予算で組むしかないのかもしれません。しかし、その補正組むかはこの政局で
非常に流動的です。
by kura0412 | 2012-10-17 12:39 | 医療政策全般 | Comments(0)

新しい取組み

食事指導で医療費抑制、日本歯大 高齢者への往診で研究

日本歯科大(東京都千代田区)は東京都小金井市に17日オープンする「口腔リハビリテーション多摩クリニック」を拠点に、歯科医師が往診で高齢者に食べ方を指導し栄養状態を改善することで、医療費の抑制効果があることを実証する研究を始める。
多摩クリニックの歯科医師2人のチーム2組が常時、小金井市周辺の老人ホームや個人宅などを往診する。かむことや、のみ込むことが難しい要介護の高齢者の症状を診断。患者に応じたリハビリのほか、食事方法の改善や栄養指導などを行って、高齢者に健康を取り戻してもらうのが狙い。

【共同通信】



結果を期待します。
by kura0412 | 2012-10-17 12:34 | 歯科 | Comments(0)