<   2008年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2200億円と一般財源化はリンクして議論

とうとう暫定税率の期限切れを迎えることになりました。党首会談が実現するようなニュースもありますが、こればかりはその専門家でも予測できない難しい局面です。
ただ、自民党内異論があっても、福田首相が明言した道路財源の一般財源化は来年度予算には実現する雰囲気です。当然、そこには消費税アップもリンクしながら議論される可能性が強く、もし、そうなるとこの議論は、政局の行方と平行して歯科界にも直接?間接?的にも影響を及ぼします。
2200億円削減と一般財源化の議論はリンクしそうです。
by kura0412 | 2008-03-31 14:31 | 歯科 | Comments(0)

業界の生死を賭けた戦いに

昨夜は地元の土建建築も集まる会合に出席しました。
あの世界もかなり厳しく、暗い様子です。ピークの3割減の受注状態、談合に対しても社会の厳しい目が光っています。それに加え、暫定税率延長問題が、更にそれに追い討ちをかけようとしているわけですから暗くなるの当然です。
それでもこの地域は地震の需要があって、まだましだったようですが、地震発生3年以上経過しそれもなくなりました。
待つのは縮小しての差別化、あるいは思い切って他業種への参入、最後は財務状況が良ければ廃業と、これまた辛い選択しか残されていないようです。

とはいえ、道路特定財源の暫定税率の一般財源化となれば、そのパイをめぐって、この業種との分捕り合戦が控えています。お互いの業界の生死を賭けた戦いとなります。
by kura0412 | 2008-03-29 10:59 | 歯科 | Comments(0)

『管理』という概念をどう歯科に取り込むのか否か

昨日は社保講習会に出席してきました。
講師の先生の話を聞いているうちに、今回の改定は、0.42という幅の中、その折衝にあたった先生方の息の長い活動の苦心の結果だろうを感じました。
そして、それと共に、18年度改定は1回や2回の改定で是正されるようなものではない、歯科界の混迷を更に深めたとんでもない改定だったこと改めて感じました。役人はそんな簡単に一度出したものを引っ込めることはしません。そう考えると、単治(う蝕)はよく復活なったと思います。

その中で一つだけ気になったのが、P、また義歯においても『管理』という項目のが主となっていることです。
これに対してはいろいろな意見もあろうと思いますが、歯科疾患全般を『管理』という概念で診療するということ、今後の改定、また、国民へのアピールへ繋げられるか否か、その導入の是非を含めての歯科界の議論を生みそうです。
by kura0412 | 2008-03-28 15:58 | 歯科 | Comments(1)

中医協委員も国会の同意が必要でした

日銀総裁の国会での不同意で政局が大きな混乱をみせていますが、同じく国会の同意人事案件の中に中医協委員の指名もあります。

となると、今回の日銀総裁のように民主党が不同意となれば、今までの慣例的な人選も出来なくなる恐れが出てきました。
まず、今回唐澤会長続投で、執行部人事の関係で代わるといわれている日医推薦の中医協委員への民主党の対応が注目されます。
by kura0412 | 2008-03-27 09:36 | 歯科 | Comments(0)

この勝負に勝つには

先ほど治療に来たガソリンスタンドをやっている社長と話をしたら、やはり現場は大混乱だそうです。地方行政も同じ状態だと思います。

最悪のシナリオは、与野党の突っ張り合いで4月1日からガソリンがスタンド毎に値段が大幅に異なり、与野党一致する暫定税率延長する税も休止し、地方行政も関係ない分野まで大きな影響を及ぼします。
そして、その後衆議院再議決でガソリンは元の値段に戻りまた大騒ぎ。残るのは混乱だけです。

この勝負は相手の主張をいかに取り込み、この混乱を防いだ方が勝ちです。
by kura0412 | 2008-03-26 12:42 | 歯科 | Comments(0)

アメリカを参考にするのなら

米公的年金、2041年には基金枯渇・米政府報告

米政府は25日、公的年金・医療財政に関する年次報告を発表した。いまの制度を続けた場合、高齢化と戦後生まれのベビーブーマー世代の大量退職を背景に、公的年金を賄う基金の取り崩しが2017年から始まり、41年には枯渇すると分析。高齢者と障害者を対象とする医療保険(メディケア)の基金は19年には底をつくとの見通しを示した。
両基金が枯渇すると予測した年は、昨年の年次報告と同じだった。ただポールソン米財務長官は記者会見で「社会保障制度が持続不可能で、改革が必要なのは明らかだ」と指摘。年金・医療給付の引き下げや社会保障税(労使折半、社会保険料に相当)の増税を含む抜本改革が必要との認識を示した。
年次報告は75年の超長期でみた年金財政の赤字は昨年よりやや改善したと分析。しかし財源不足は13兆6000億ドル(約1360兆円)にのぼっている。米財務省はこの穴埋めには、社会保障税を現行の12.4%から15.6%に引き上げるか、年金給付を約20%削減する必要があると試算している。

【NIIKEI NET:08・3・26】


また、これを材料に医療を含め社会保障費抑制キャンペーンに利用されそうです。
そこで忘れていけなのは、日本とアメリカとは医療制度、社会保障制度が全く異なる点です。それを抜きにして医療費を比較することは出来ません。
アメリカのこの状態に陥ったのははっきりしています。本来、必要だった社会保障の財源(政府、個人共に)を消費に回したツケです。これで貧富の差が更に拡大するかもしれません。
日本がこの問題を参考にするのは、この時期に抑制するのではなく、きちっと予算的に規模を確保する努力です。
by kura0412 | 2008-03-26 11:15 | 歯科 | Comments(0)

診療報酬オンライン請求5月開始

5月開始の診療報酬オンライン請求、病院など4000機関参加

今年5月から本格的に始まる診療報酬のオンライン請求制度に、医療機関や調剤薬局、健康保険組合など約4000の法人・団体が参加することが分かった。これらの法人・団体は5月以降、診療報酬明細書(レセプト)を紙ではなく、電子情報としてやり取りする。事務作業の軽減、間違いや不正の早期発見が期待できるため、将来的には医療全体の効率化につながりそうだ。
レセプトには患者の氏名や病名、診療報酬の基になる点数などが記されており、まだ紙が多い。病院などはレセプトを審査機関の社会保険診療報酬支払基金に郵送。基金は審査後に健保組合にレセプトを送り、健保組合はこれを確認して代金を振り込んでいる。


【日経新聞:08年3月25日】


この記事の他に、「支払基金は歯医者用のオンライン請求システムも08年度末までには稼動させる予定。」ともあります。

義務化は11年の予定です。しかし、歯科は未だ電子媒体でのオンライン請求は一件もありません。また、そのシステムの構築も、先日、日歯からこの考えについて改めて見解が発表されたばかりです。
まさか、歯科を置き去りにしてこのまま突っ走ることはないと思いますが?
by kura0412 | 2008-03-25 14:07 | 歯科 | Comments(5)

違和感を感じます

歯科も含まれた厚労省からの各都道府県、社会保険事務局宛に出された通知「平成20年度診療報酬改定の概要」には次の項目が挙げられています。

歯科医療の充実①
・歯科診療における初・再診料の引き上げ
・歯科診療における患者への文章による情報提供の見直し

歯科診療の充実②
・患者との協働による歯科疾患の継続的管理の推進(挿絵付き)
・むし歯(う蝕)対するレーザーによる無痛的治療の保険導入(挿絵付き)
《むし歯、のが抜けていますね》



役所的、いや、厚労省的な言葉使いでなんか違和感を感じます。
by kura0412 | 2008-03-24 14:17 | 歯科 | Comments(0)

抜本的改善ー初の人口自然減から

今朝のニュースで日本の人口が初めて自然減となったとのこと。このことは数字を見るまでもなく、検診などを通じても少子化が著明になっている実感はあります。
しかし、丁度私の子供が大学進学で、経済的に大変な状態を体験すると、若い人が子供を作るということにためらいをもつことも分かるような気がします。
そこには昔あった、子孫を残す、家系を絶やさないとう一種の種を残すことよりも、生活第一主義の考え方が優先して、現代社会の根本的な考えの変化があります。
これでは、政策的にどれだけ子育て支援をしたとしても抜本的な改善にはなりません。

抜本的な改善、このことは歯科界にも同じ課題として残っています。
by kura0412 | 2008-03-22 09:28 | 歯科 | Comments(0)

政局の影響だけではなく

揮発税の暫定成立の延長が非常に厳しい状況になってきました。その打開策として、福田首相は来年度以降に一般財源化も視野にいれたとの報道が流れています。
無論、これにだけで、あくまでも暫定税率の廃止も主張する民主党が合意するか、また、自民党内の道路族からも反発必至です。

しかし、そんな簡単にはいかないとは思いますが、もし一般財源が実現化となれば、医療、歯科界にとってはプラスの作用に働くこともありそうです。政局の動向と合わせて暫定税率の行へは歯科界にも影響があります。
by kura0412 | 2008-03-21 17:42 | 歯科 | Comments(0)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ミラーを片手に歯科医師の本音

回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
政治・経済

画像一覧