<   2007年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

初再診はかけがえにない技術料

昨日の社保審で、今回の改定でその取り扱いに注目が集まる初再診の引き下げに対して、日医の幹部が「初再診はかけがえのない技術料」と述べ、反対の姿勢を強く打ち出したとの報道を見ました。

思い出せば2年前の改定の時には、技術料しかない歯科は、その初再診を大幅に削減されました。そして、いじられたのはそれだけに留まりませんでした。
by kura0412 | 2007-11-30 11:00 | 歯科 | Comments(0)

歯科の実態をどう捉えさせるかがポイントに

昨日の中医協で次期改定に関する意見書が取りまとめられました。
その中で診療側と支払い側双方の合意として、

①将来にわたる国民皆保険の堅持は不可欠。
②勤務医の過酷な業務実態、とりわけ産科・小児科や救急医療などの実情に照らして、次期診療報酬改定では勤務医対策を重点課題とする。
③本体部分については、さらなるマイナス改定を行なう状況にはない。
④後発医薬品の使用促進を着実に推進する。

「マイナス改定を回避」、また、「医師技術プラスへ」と報じるとマスコミもあって、最悪なことにはなりそうもない雰囲気が漂ってきました。

しかし、ここで気になるのは、「歯科」という言葉が入っていないのは現状ではやむ得ないと考えても、歯科が医科の開業医同等の扱いを受けてしまうのか?実態調査の結果を受けての対策ならば、医科と分離しての対応となるのか?
どちらとも捉えられる文面内容です。

もちろん、実態調査を踏まえて歯科の実態を捉えさせ、特殊性を重視すると主張するのは当然です。
by kura0412 | 2007-11-29 11:35 | 歯科 | Comments(1)

結果を見てから

民主北海道が医療系4団体に“接近” 自民支持母体切り崩し狙う?(11/27 07:16)

民主党北海道(鉢呂吉雄代表)は二十六日、次期衆院選を見据え、自民党の有力支持団体である道医師会の政治団体・北海道医師連盟など医療系の四団体と初の意見交換会を行った。

小泉政権の改革路線以降、自民党への反発を強めている医師会などとの連携を模索する戦略で、民主党が本格的にパイプづくりに乗り出したことで、自民党にも波紋を広げそうだ。
四団体は、道医師連盟と道歯科医師連盟、道薬剤師会、道看護協会。意見交換会は来年度予算編成に向けた要望の聴取が目的で、各団体の会長、副会長らが出席した。鉢呂代表は「参院選で与野党逆転を実現し、民主党は政権を担う責任と影響力を持った。意見を政策に反映したい」と述べ、政権交代が現実味を帯びてきた現状を踏まえた対応を言外に求めた。
各団体は医師不足の解消や診療報酬引き上げなどを要望。会合後、鉢呂代表は各団体を囲い込む意図は否定しつつ、「非常に有意義だった」と手応えを語った。

七月の参院選では、道医師連盟の上部組織・日本医師連盟など、各団体の全国組織はそろって自民党候補を支援したが、日本歯科医師連盟の新人候補以外は軒並み落選。一方、民主党の小沢一郎代表は自民党の支持基盤切り崩しに意欲を示しており、参院選では落選したものの、日本看護協会元理事が民主党公認で出馬するなど医療系団体との距離感も縮めてきた。
意見交換会に出席した道医師連盟の三宅直樹副委員長は「道内の医療の現状を説明しただけ」と話したが、関係者によると、ある団体からは「私たちは自民党の職域組織ではない」との発言もあったという。自民党の堅い支持基盤を誇っていた医療系団体が民主党支持へとかじを切れば、自民党には脅威となるだけに、次期衆院選に向けた綱引きが激化しそうだ。

(北海道新聞:11/27 07:16)


この政治状況ですので、当然こうゆう動きは必要ですが、両天秤をかけたり、今、ここで大きく舵を切るところではなく、結果をみて切ってからでも遅くはありません。
by kura0412 | 2007-11-28 11:47 | 歯科 | Comments(0)

とんでもない数字の中には

18年度の医療費動向が発表後、改定におけるその影響が大きく取り上げられ、次期改定への折衝で訴える材料にもなっています。

しかし、この改定率マイナス1.5%が実質3.9%にも及んで結果には更に忘れられていいることがあります。
それは金パラ材料随時改定の影響率の推定プラス1.1%(10月値上げにの改定の為その半分の0.55%)も含まれての3,9%マイナスであるということです。
そしてその後は、金の値上がりにも係らず、丁度その査定の期間がずれ、その値上げ分も診療側が負担している現状です。

政府の大好きな数字を並べてもこんな状況です。
それでも財源論をかざして抑制しようとしている姿勢にやり切れない気持ちです。
by kura0412 | 2007-11-26 11:05 | 歯科 | Comments(0)

これは役所言葉?

21日に開催された中医協の資料を読むとイライラしてきます。

「評価したところである。」

「評価の見直しを行なってきたところである。」

これは役所言葉?
それとも厚労省、中医協独特の言葉の使い方でしょうか?
by kura0412 | 2007-11-24 15:55 | 歯科 | Comments(0)

中医協で一つの流れが!?

昨日の中医協で、大幅な引き上げを要望する診療側と引き上げを拒む支払い側とが対立する中、
支払い側委員からも、賃金・物価動向を反映すべきと、診療報酬本体引き上げを容認する意見と共に、公益委員からは、常識的に考えて引き上げが妥当との意見が出て、中医協の中では本体引き上げの流れが加速しそうなムードとの報道です。

もし、中医協で引き上げ妥当、あるいは容認との結論が出た中で、財源問題を盾に政府がその実施を拒むとすれば、それに対して診療側だけでなく、国民がどう判断するか?

その一方、シーリング圧縮における2200億円の財源問題の解決策が、薬価圧縮以外に今だ見えないとの報道もあります。

しかし、逆にシーリングを守ることが出来ないならば、一気にこれをl繰り延べ、薬価分を財源にプラス改定にするという考えも浮上するかもしれません。

恐らく、経済界、支払い側は、マイナス改定と訴えながらプラスマイナス0を落としどころと目論んでいる雰囲気です。
でも、歯科も含め、過去三回のマイナス改定で歪んだ医療現場の医療環境を改善するには、プラス改定でなければそれを成すことは出来ません。
by kura0412 | 2007-11-22 11:50 | 歯科 | Comments(2)

世界有数のレベルの高さを支えているはずなのに

ミシュランガイドの東京版が出るとの今朝の朝刊に載っています。
三ツ星8店、全部で150店はパリの64を大きく上回る飲食のレベルの高さを示すことだそうです。

それを支えている一つに日本の歯科医療があると思うのですが、その現状がこれでは・・・

何がその原因でしょうか?
それに従事する人間として悔しいです。
by kura0412 | 2007-11-20 08:02 | 歯科 | Comments(6)

やはり議論する根本的なベースが違うようです

混合診療訴訟で国が控訴しましたが、この混合診療に対して反対を貫く日医はその理由に、

・事前に有効性・安全性が認められている保険診療と認められていない自由診療を併用し、自由診療部分に問題が発生した場合、保険診療の信頼性まで損なわれる。
・併用を認めると自由診療から保険診療に移行させるインセンティブが働くなり、保険給付の範囲が縮小する。
・公的保険の範囲が縮小すると、所得の少ない国民にとって負担増となる。


やはり混合診療を論じるに歯科と根本的なベースが違う感じです。
混合診療の議論する時は、そろそろ歯科界も本音で議論をしないといけないようです。
by kura0412 | 2007-11-19 16:48 | 歯科 | Comments(2)

財務省の資料に欠如するものは

木曜日開催された自民党カトレア会の財務省から提出された参考資料が手に入りました。

これは財政制度等審議会の提示された資料と同じもので。出席議員から相当反発の意見が出されたとの話ですが、こんな資料を参考にして審議していれば、日本の医療、社会保障はとんでもない方向にいてしますというのが私の率直な感想です。

数字を都合の良い所だけを引用し、そして、この資料に最も欠けているのが、医療の現場、相手するのは生身の人間であり、そこには数字だけでは図れないものがあるということです。
by kura0412 | 2007-11-17 14:23 | 歯科 | Comments(4)

自民党・歯科診療に関するPTが中間とりまとめ

昨日、自民党社会保障制度調査会医療委員会・歯科診療に関するプロジェクトチームが、「歯科保健医療の充実に向けて」と題した中間とりまとめを決めました。

Ⅰ・適切な診療報酬改定等の実現
Ⅱ・歯科医師の資質向上と需給対策
Ⅲ・8020運動等歯科保健対策の推進
の三つの項目にまとめてあります。

その中で、
「18年度の歯科医療費が実質前年度比マイナス3.9%となり、歯科医療機関の環境を整備することが喫緊の課題である。」
と記載あることが特筆する点です。

この種の歯科に特化した報告は稀であり、また、この報告書の存在が、今後の次期改定、需給問題の対応に向けて一つのポイントを与えることになるかもしれません。

尚、来週には自民党の厚労部会では歯科小委員会も開催する予定との情報もあります。
by kura0412 | 2007-11-16 16:28 | 歯科 | Comments(1)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

ミラーを片手に歯科医師の本音

回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
政治・経済

画像一覧