<   2007年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

プチリッチなGW

ゴールデンウイークが始まりました。しかし、世間では9連休などという話もありますが、先生方も多くは暦通りでしょうか?
私は開業した20年前は、この時期と正月休みは、家族でどこか旅行することが常でしたが、今はそんな雰囲気ではありません。
今年のGWの予定は、念願だった地震以来今だ片付かぬ自分の部屋の整理と、買うだけ買って山積みしている本を1冊でも多く読むことです。日頃、時間に追いまくられている毎日を過ごす私としてはプチリッチ気分を感じています。
by kura0412 | 2007-04-28 15:12 | 歯科 | Comments(0)

JTが喫煙率引き下げ数値目標に反対

JTが、現在策定作業中のがん対策基本計画に喫煙率引き下げの数値を盛り込むことに反対する意見書を関係省庁に提出したとの報道です。
その意見書の中には「数値目標を設定することは個人の嗜好の問題に国家権力が介入して個々人の特定の方向に向くように強制しようとするほかにならない。」とあります。

これを読んで感じたことは、
「国家権力介入」という言葉を振りかざしてきたこと。
また、医療側から見れば、たばこを発病因子として捉えているのに対して、JT側は嗜好品としている考え方とは大きく異なる点です。

そして、逆にJTがこんな意見書を出すところをみると、この基本計画における数値目標を盛り込むことは、大きく喫煙防止に繋がる可能性を示しているのかもしれません。
by kura0412 | 2007-04-27 18:13 | 歯科 | Comments(0)

専門医と総合的に診る医師

日本歯科医学会の分科会である歯科保存学会、補綴歯科学会からの専門医に対しての厚労省からの照会に対して、日歯が了承せず、改めて専門医認定という問題が浮上しています。
また、一方、後期高齢者医療制度の議論の中で浮上してきた「総合的に診る医師」に対しても、養成・認定する制度の検討が広がりをみせ、それに伴って標榜に対しても再検討が図れる動きがあるようです。
一方で細分化して、一方でトータル化するという、ある意味で相反する動きにどう整合性をもって取り組むか?
総合~の方の議論は医科との係わり合いの中での議論が進むだけに、今後のこの議論には注目しなければなりません。
by kura0412 | 2007-04-27 14:31 | 歯科 | Comments(0)

今一度「8020」のPRを

メタボが話題になり、その指標が多く示される中、腹囲男性85、女性90センチという数字に注目が集まっています。
そして厚労省の労働政策審議会で、腹囲を事業主健診に加える答申がだされたとの報道です。

でも、実際どうなんでしょうか?
一部ではこの数字そのものに疑問視する専門家もいるようですし、注意を促すにはこの数字は有用でも、何かこれが全てのような雰囲気になる予感もします。

しかし、数字を示すことは国民の注目を向けるには良い手段です。今一度「8020」をPRすることも大切なことです。
by kura0412 | 2007-04-26 10:51 | 歯科 | Comments(0)

日医が厚労省を痛烈に批判

日医は、先日厚労省が医療構造改革に方向性を示すためにまとめた報告書「医療政策の経緯、現状および今後の課題について」に対して、「エビデンスに乏しく、思い付きといっていい内容になっている。」など痛烈に批判したとの報道です。

その批判の意図はどこにあるか分かりませんが、ある意味現在の日医と厚労省との力関係を示す一例かもしれません。
反して、歯科界をみれば、ようやくここにきて、議論の同じテーブルに着けるようになったのが正直な現状です。そして、もっと強固な意見をもつか否かは議論の分かれるところです。
by kura0412 | 2007-04-25 11:55 | 歯科 | Comments(1)

当然推進されることとなるわけですが?

辻厚労事務次官が、都内で開かれた会議で「医療費適正化の王道は生活習慣病予防」と挨拶したとの報道がありました。

この言葉を信じれば、既に、兵庫県、香川県で残存歯数と医療費相関が認めれている、生活習慣病の中にある歯科領域の予防もその王道の一つとして、歯科界から当然主張し、また、それを推進することとなるわけです、が?
by kura0412 | 2007-04-24 14:38 | 歯科 | Comments(3)

夢を追う、目標をもつ

この土日は、4月6日のブブログに書きました、プロバスケットボールbjリーグのファイナルを観戦に行っていました。
その結果、僕の応援する新潟アルビレックスは残念ながら破れ4位に終わりました。

選手やその関係者と共に、試合後は、その目標を果たせなかったショックと悔しさで一杯です。
でも、勝者があれば敗者もあるのが勝負の世界です。
既に今日からスタートする来期に向けて気持ちを切り替え、新たな目標に向かう選手、関係者から更に感動をもらいました。

夢を追う、目標をもつ、最近、私自身に足りない部分をまた彼らに教わった感じです。
by kura0412 | 2007-04-23 16:26 | 歯科 | Comments(0)

医科の専門学会が診療報酬改善要求の意思表示

日本産科婦人学会が産婦人科医の待遇改善の報告書を出し、また、日本外科学会が医療費抑制策を転換し、国際的にみても妥当と考えられる水準までに医療費を引く上げ、医師の技術や労力が適正に評価されていない現行の診療報酬体系を見直すべきなどの緊急提言を発表しました。

医科の専門学会であるこの二つの学会がいわゆる診療報酬改善要求の意思を明確にしたことに注目です。

歯科の専門学会ではこうゆう声は出ないのでしょうか?
「こんな評価では安全は抜歯は出来ない」
「保存処置がこんな低い報酬の先進国はない」
「公的保険でもこのぐらい補綴処置はアメニティとはいえない」

日歯と一体、各学会との共同歩調ということも重要ですが、その専門家が集うはずの学会が主張しないで誰が主張するのですか?
by kura0412 | 2007-04-20 12:23 | 歯科 | Comments(2)

「新健康フロンティア戦略」に歯科の項目も入る

健康増進、「メタボ対策」など重点・政府が戦略策定
 政府は18日、国民が健康に過ごせる期間を延ばすための具体策を盛り込んだ「新健康フロンティア戦略」をまとめた。「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)克服」「こころの健康」など9分野にわたり個人の健康増進策を提示。今後10年を戦略の実施期間とし、女性の乳がん検診率向上などの数値で成果を示す。男女ともに日ごろの生活習慣を改善するよう促す構えだ。

 同戦略は自民党の社労族とされる安倍晋三首相が策定を指示。昨秋から新健康フロンティア戦略賢人会議(座長・黒川清内閣特別顧問)で検討してきた。首相は同日の会合で「国民の健康づくりを政府全体で力強く展開する」とし、「骨太方針2007」にも反映する意向を示した。
(中略)
戦略では政府の取り組みを促すため、数値で進ちょくを表わす方向も明記。乳がんやうつの「受診率」や「11歳での肥満傾向児の出現率」「80歳で20本以上の歯を持つ人の割合」といった指標を設け、年度ごとに率がどう変わったかを示すという。            【日経新聞】


政府の健康対策の中にようやく歯科も組み込まれました。暗い歯科界の中では朗報です。
これをきっかけに生涯に渡っての口腔管理への道を拓く突破口にしたいものです。
by kura0412 | 2007-04-19 14:49 | 歯科 | Comments(3)

二の舞になるのでしょうか?

調剤薬局の拡大でそれでなくても足りない薬剤師が、薬学部6年制の移行の伴い、2010,、11年と空白期になる為、人手不足が深刻な問題になっているとの今朝の日経の報道です。
ただ、薬学部の新設ラッシュで、04年8000人の定員が、06年には12500人に拡大して、逆に6年制の新卒が出る12年以降は過剰となる予測もされているとのことです。

薬剤師も、また、歯科医師の二の舞になるのでしょうか?それとも早々に規制策を取るか?また領域拡大を図るのか?
アドバイスしてあげたいですね、ほっておくとどんな状況になるかを!
by kura0412 | 2007-04-18 16:32 | 歯科 | Comments(0)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412

プロフィールを見る
画像一覧

ミラーを片手に歯科医師の本音

回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
政治・経済

画像一覧