<   2006年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

難しいですね、政治の世界は

政治の世界は本当に難しいです。
なんともないイベント、会議でもその積み重ねが大きな政治の力にもなります。それを一気に成し遂げようとすると一連の事件のようなことになってしまいます。
そして時にはスピードと決断を瞬時に求められることもしばしばです。
しかし小泉前首相の出現で、勢い、パフォーマンスによって、コツコツと築き上げてきた小さな積み重ねも、一気に崩れることもあるようになっています。どうしたらいいのでしょうか?
でも、どんな難しくても、法治国家で生きていくには政治から逃げることは出来ません。もし、政治から逃げたその瞬間、その分野は終末を迎えます。
歯科界も政治から逃げては駄目です。医療にルールがなければ医療ではなくなります。それを定めるのは政治であり、政治を動かすのは一人一人の国民の判断です。
でもこれを歯科界全体に理解させるにはどうすればいいのでしょうか?
by kura0412 | 2006-11-30 16:49 | 歯科 | Comments(0)

語ることの大切さを感じる

現在、私の地元、小千谷市教育委員会では中学校区5つのブロック分けて、地域で保護者、先生、行政そして地域の方が集まって懇談会を開催しています。この懇話会を企画したのは私で、既に10年経過しています。
昨日開催された地域は、問題提起を地元の校長先生にしてもらい、テーマをもって10人程度のグループに分かれて討議しました。
5年までぐらいのうちは、行政への陳情会みたいな雰囲気だったのが、昨日などは、かなりしっかりとした問題提起、実践例の紹介など、非常に有意義な懇談の場となりました。
もちろん、教育の問題ですので結論が出るものではありません。しかし、語り合うことで参加者に意識が芽生え、いろいろな立場の考えを知り、問題点が抽出されます。
昨今、ややもすれば語ることを避けがちな風潮があります。語ることの大切さを改めて感じました。
歯科界ももっと語らねばと思います。
何とか語る場を先生方に提供できないかと、挑戦してみたくなりました。
by kura0412 | 2006-11-28 08:45 | 歯科 | Comments(14)

bjリーグ関係者と交流して

この土日は今嵌っている、バスケットbjリーグの試合観戦してきました。そしてバスケ観戦だけではなく、その関係者の何人と交流が出来ました。
多くがニュービジネスの成功者や、頭の回転が速い私よりも若い世代の方々ばかりでしたので、物凄い刺激も受けました。
時代は間違いなく変わっています。
もう少しテンポアップしないと、歯科界は社会から取り残される可能性があるような気がしてなりませんでした。
試合は私がブースト(応援)している「新潟アルビレックス」が昨シーズンの覇者「大阪エベッサ」に連勝して、現在首位独走中となりました。今朝はその応援で声を出し過ぎて声が出ません。
by kura0412 | 2006-11-27 16:45 | 歯科 | Comments(2)

いい人間関係を作るには

昨日は地元のスポーツ関係者の大臣表彰のお祝いの会に出席してきました。というよりも、いろいろな関係で発起人代表でその会を切盛りする立場でした。
200人近い出席者の会であったにも関わらず、受賞されたご本人が肩肘張らない、非常にユニークな方で、会全体が和やかで非常に楽しい会になったこと、その立場にいて嬉しい限りでした。発起人代表といっても、殆ど私より年配の方々でしたので、かなり飲まされました。
ここの所この種のお祝いの会が目白押しなのですが、人の付き合いはやはり同じ気心が通じる人が多くなるのは当然です。どこの会場でも感じる、その祝う人の個性、人柄が会全体に滲むのは、ある意味でその祝う人の人間関係だけでなく、その祝ってもらう方の姿が映しだされるのかもしれません。
いい人間関係作るには、まず、自分を磨く。ということでしょうか。
by kura0412 | 2006-11-25 11:04 | 歯科 | Comments(0)

世界と比較して二題

日本より少子化が進む国があるののをご存知ですか?
お隣韓国は、特殊出生率が1.08、タイでも1.2を割り込んできているとのことです。
そんな海外の話をしてた時に、世界の医療制度の中で補綴が医療制度の中に大きく入り込んでいるのは日本だけという話になってきました。
現在、公的保険の総枠のほぼ半分が補綴です。総枠が増えようとしない現状で、その枠の中に押し込めること自体無理なのか、それともその総枠を甘受して、日本の素晴らしい制度として堅持するのか、どうなんでしょうか?
by kura0412 | 2006-11-24 16:14 | 歯科 | Comments(1)

虚しい現実をみた

昨日、日歯の会館で座談会が開催され傍聴してきました。
座談会出席者は土田武史早稲田大教授、田中滋慶大教授、石井拓男東歯大千葉病院長、そして大久保満男日歯会長の面々です。土田早稲田大教授、つまり中医協会長です。
座談会の内容は日歯広報や業界紙に掲載されると思いますので省略しますが、結論からいうと、歯科からの二人と他の二人の議論が全くかみ合っていなかった。つまり、中医協会長が日歯の会館の中に入った、この事実が残っただけという印象でした。
しかし中医協の会長といえども本当に歯科のこと知らないんですね、最後に土田教授のコメントで「歯科の診療内容は詳しくは知らない」とポロッと発言がありました。これが虚しい現実です。
by kura0412 | 2006-11-22 11:45 | 歯科 | Comments(4)

「慶応大歯学部」?

共立薬科大と慶大との合併ニュースが今朝の報道を賑わしています。
数日前に歯科界にもM&Aはあるかとブログに書いたばかりだけに驚いています。

共立薬科大卒より、慶大薬学部卒、
こちらの方が生徒集まるでしょうし、いろいろな意味でメリット多そうです。
「慶応大歯学部」「早稲田大歯学部」、可能性はなくはないかも知れません。
by kura0412 | 2006-11-21 08:44 | 歯科 | Comments(5)

何を話そうか、聞こうか、お願いしようか

今度、ある厚労族の政治家とじっくり話す機会が出来そうです。
それで今悩んでいるのが、何を話そうか、聞こうか、お願いしようかです。
あまりも一杯あり過ぎて私の頭の整理がつきません。
これは、それだけ歯科界に課題が多いことを現しているのかもしれません。いくら厚労族といえども、歯科についての知識が乏しいのが現実です。どう考えても一回では無理です。まず、懇談のシリーズ化をお願いしなければいけません。
by kura0412 | 2006-11-20 15:11 | 歯科 | Comments(0)

医療は高齢化社会の成長産業、だそうです。

今朝の日経に「医療は高齢化社会の成長産業」というタイトルでのコラムが載っていました。
内容的には日経のいつもの論調ですが、この筆者が医療経済、医療現場を全く分かっていないと感じる部分が後段にありました。

技術進歩の著しい医療の費用を際限なく公的保険だけで賄うという非現実的な政策では、国民皆保険を維持することは困難である。むしろ公的保険では、基礎的な医療を確実に保障し、それを上回る部分を民間消費として自由に拡大させれば、高い質の医療サービスが実現する。
世界一の競争力をもつ日本の製造業と比べて、低い水準にある日本の医療や医薬品産業の現実あ、自由な競争にさらされた産業と、規制に縛られた産業との違いである。既得権を守るための政治的な抵抗は大きいが、医療改革は、国民に大きな成果が約束されている構造改革の目玉のひとつである。

この筆者、もう少し勉強したほうがいいですね。でもこのコラムはマーケット欄ですので仕方ないのでしょうか。しかし、この論調がスタンダードになろうとしてきています。
by kura0412 | 2006-11-18 12:08 | 歯科 | Comments(0)

歯科にもM&Aは?

M&AだとかTBOだとか、歯医者に関係ないような話が世の中を蔓延しています。今朝もキリンがメルシャンをTOBで買収したと報道がありました。
私は大酒飲みではありませんが、銘柄困った時は、ワインはメルシャン、ウイスキーはキリンを選んで外れたことがないので、その世界は知りませんがお互いの良い特徴を生かしてのM&Aなのかな?と感じました。
M&Aはその業界で生き抜くための一つの手法です。で、これを歯科界で考えるとどうでしょう?
財力のあるチエーン展開しているグループが買い叩いて配下に入れる。あるのでしょうか?出来るのでしょうか?上手くいくのでしょうか?
by kura0412 | 2006-11-17 15:25 | 歯科 | Comments(0)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ミラーを片手に歯科医師の本音

回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
政治・経済

画像一覧