<   2006年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

経済財政諮問会議民間議員メンバー替わる

小泉内閣の時も医療の世界では物議をかもし出した経済財政諮問会議の民間議員が全て交代しました。
偶然にもそのメンバーの御手洗富士夫経団連会長と丹羽伊藤忠商事会長の著書「会社は誰のために」を読み終えたばかりでしたので、今度はこっちが相手か、そんな気持ちです。
基本的なスタンスは前議員と変わりません。基本は経済、会社というスタンスは微動だにしないと思います。
それに加え学識経験者という意味合いから選出された八代国際基督教大教授は、独自の医療経済理論をもっている人です。(確か混合診療推進派の急先鋒だったと思います)前みたいに全く医療の世界を知らずに医療経済を論ずる方とどちらが良いのかは分かりませんが、今後この議員からの発言でまた議論沸騰するかもしれません。
どちらにしても経済財政諮問会議でも医療界、歯科界への逆風に大きな変化はないようです。
by kura0412 | 2006-09-30 14:05 | 歯科 | Comments(4)

机の上が山になって

ここのところ原稿の締め切り、スケジュールに追われ、机の上が資料、FAX、文献の山になっています。流石にこれを整理しないと、頭の中もこの山の資料のように混乱するので、今朝から空いている時間に整理をしています。
実は私の診療所の部屋は応接セットも置けないほど狭く、資料と本が壁際全体に並んでいます。当然ながら震度6強の地震の時は、その資料は全部倒れ、この部屋に私がいたならば、資料の中で身動き出来ないで埋もれるほど、部屋中が本と資料の本当の山になっていました。
その地震からもうじき2年が経とうとしています。何か今の机の上のように整理せずガムシャラに働いていただけでした。この機に今一度、机の上だけではなく、頭の中も整理しなければいけないようです。
by kura0412 | 2006-09-29 16:58 | 歯科 | Comments(0)

副大臣でもサプライズ&職域議員

大臣に続き安倍内閣の副大臣、政務官も決定しました。
やはり注目は武見敬三副大臣です。
厚労行政を知らない柳沢大臣ですので、当然、社労族をこのポストにもってくることは予測できましたが、まさか職域議員の武見氏とは、これまたサプライズです。
武見氏は社労族としての存在もさることながら、日医の会長選挙のしこりで自身の来年の選挙での不協和音が聞かれていただけに、この就任がどう選挙に働くか注目です。
歯科界としても、医療の現状を熟知する武見氏の就任は悪くは働かないと思います。
それ共に、関口昌一参議院議員が外務政務官に就任しました。
それこそ、歯科界としては出来れば厚労省、文科省の役職にとの思いはありますが、今朝の新聞では、関口議員は北朝鮮の拉致問題に対して積極的に関与していた実績をみての官邸サイドのこの就任の決定とあります。
いくら歯科医師の籍をもっていても、関口議員は地方区選出議員ですので、国政全般を視野にいれることは当然であり、また、安倍内閣の重要課題である拉致問題の対応への期待としての人事とするならば、歯科界としても歓迎する人事であるかもしれません。
こうやって考えると、やはり歯科界という視点を中心に考える職域議員の必要性を改めて感じます。
by kura0412 | 2006-09-28 12:01 | 歯科 | Comments(0)

医療の世界はサプライズ内閣

安倍晋三自民党総裁が首相の選ばれると共に、組閣が行われ安倍内閣が誕生となりました。
マスコミでは功労内閣、お友達内閣などと比喩されていますが、こんな首相の意識が明確な組閣は最近見たことがありません。
この内閣の意味するものは、官邸主導型、安倍首相の意思の下に日本の政治を動かすということです。その為に自分の考えに近い人を中枢に集めたということです。
したがって結果、政策が大きく異なっていた谷垣氏を支持する議員を初め、安倍首相に投票しなかった議員は排除されたということです。
政治は戦いです。政治の世界ではノーサイドという言葉は適切ではありません。それをしっかりと示したのが今回の組閣の結果だと思います。
そして医療の世界ではサプライズでした。
事前の私の予想は自民党の社労族で、内閣官房副長官として先の医療制度改正を実質仕切った長勢法務大臣が厚労大臣でした。ところが蓋を開ければ柳沢伯夫大臣の誕生です。
厚労行政は殆ど知らない金融財政畑のスペシャリストがこの地位に着いたこと、社保庁改革を新たに断行を謳う安倍首相ですので、社会保険庁、厚労省の幹部は戦々恐々としてるのではないでしょうか。それと共に、財務省の目から見た無駄の排除を徹底的に実施するかもしれません。
また5人の補佐官に社会保障担当がいないことの意味は、少なくても今の安倍内閣ではこの問題は教育改革を優先にするということで、予てから明言しているように小泉内閣が行った医療制度改革の来年の結果をまず見て行動する、この発言と合致しています。
ということは、自民党の社労族議員と当然やり合う場面が生まれてきます。私の予測はここまでです。ただはっきり分かったのは、安部首相は意志がしかりとして、ポイントは外してはきません。
by kura0412 | 2006-09-27 11:36 | 歯科 | Comments(3)

小沢党首緊急入院

小沢民主党党首が体調不良の為緊急入院をしました。発表では2~3日ということですが、それで終われば問題ありませんが、退院が伸び、代表質問が出来ないとなると民主党のダメージは相当なものが予想されます。
従来から、政治家の健康問題は政局に大きな影響を与えることはよく知られているところです。特に今回は、自民党の総裁選にあえて民主党も同じ時期に党大会を合わせ、国会での最初の討論でその政治家の格の違いを示そうと考えていたのが、逆に、安倍総裁の若さを引き立てる結果になったのは、なんとも皮肉な結果です。
この小沢党首の健康問題は今後政局に大きな影響を与えるのは必至です。
こんな時改めて健康、医療の重要性を政治家にアピールできるチャンスですが、ここでも歯科は出番がありません。
by kura0412 | 2006-09-26 09:01 | 歯科 | Comments(9)

早くも安倍自民党新総裁にサプライズ

いきなり安倍自民党総裁の私が感じるサプライズがありました。
それは、大相撲の表彰式への出席、自民党三役の決定ではありません。
総裁当日、スポーツ新聞各社の取材を受けたことです。それもあの東京スポーツまで取材したのにはサプライズの何物でもありません。
その見出しも「政治からプロレスまで本紙に語った安倍自民党新総裁直撃インタビュー」。その記事の裏面には新聞社が意識してかしないのか、一面風俗のヌード写真がしっかりと載っています。
靖国神社参拝よりも、また教育基本法改正よりも、よほど論議を生むような気がしないでもありませんが、政治の垣根を低くするという意味では新しい試みかもしれません。
戦後生まれ初の総理大臣の誕生。
ただ、そのネーミングだけに終わらない何かが飛び出すかもしれません。
by kura0412 | 2006-09-25 15:12 | 歯科 | Comments(0)

政治のいろはの一つ

昨日はある国会議員立候補者の講演会に出席しました。
そこで来賓の方の挨拶の中で『落選』という言葉が出てしまいました。
この言葉はいかなる時でも選挙中はタブーです。絶対使ってはいけません。これは政治のいろはです。こんなことも分からないで来賓として喋る人がいるのに驚きました。
こんな政治音痴は歯科界にはいないことを願うばかりです。
by kura0412 | 2006-09-24 14:54 | 歯科 | Comments(0)

面白いアイデアー官邸スタッフ公募制

安倍自民党新総裁は官邸主導型強化を狙い、官邸スタッフ公募制を実施しようとの今朝の報道です。
確固たる官僚制度が存在する中、首相の意向をダイレクトに政策にいかに結びつけるかが安倍新総裁としても大きなテーマだっただけに、これは面白いアイデアだと思います。そしてその特徴としてその公募を各官庁から募るという方法は、官僚の心理を逆手に使った妙案です。
官僚、行政の基本は自ら守ることです。しかしだからといって、世の中の流れを無視することもできません。だとすれば、どこか落としどころを見出そうとするのは当然の行動です。となれば、自分達のエリアを守り、そして首相の意向に沿う形の今回の提案に乗らない話はありません。
一方、安倍総裁からすれば、官僚と大きな波風立てずに、官僚のパイプを保ちつつ、自分の意向が伝わるこのスタイルはベストではなくても、ベターな方法なはずです。それも選らばれるのは課長クラス、ほぼ自分と同年齢の50歳前後のメンバーです。各省庁の看板も背負いながら意欲的に機動するかもしれません。
その中に厚労省出身メンバーが入るか否か?われわれはその点をまず注視しなければなりません。
by kura0412 | 2006-09-22 14:06 | 歯科 | Comments(7)

なぜ山形県で谷垣氏がトップであったか

安倍氏圧勝に終わった自民党総裁選挙ですが、今朝の朝刊に3候補が獲得した地方票の結果が載っていました。
安倍氏は197票(66%)獲得、麻生氏67票(23%)、谷垣氏36票(12%)、面白いのは谷垣氏の結果です。
地元京都でトップであったのは分かるにせよ、山形と高知がトップとなっています。(高知は安倍氏と同数)
恐らくこれは山形は明確に支援を表明していた加藤紘一元自民党幹事長、また高知は谷垣側近の中谷元元防衛庁長官の選挙運動の結果と推測できます。
そしてこの結果は二人の議員の政治力として、支援した候補側だけでなく、戦った安倍、麻生陣営からも評価を受けることになります。
政治の世界ではこうやって明確に分かる選挙の票の数をそれぞれの政治力として評価します。
そうゆう観点では、参議院比例区選挙というのはそれぞれの政治力を表現しやすい選挙でもあるわけです。
by kura0412 | 2006-09-21 11:30 | 歯科 | Comments(0)

順当な結果

予想通り安倍晋三氏自民党総裁に選ばれました。その票数は意外と伸びませんでしたが、選挙当初から断然優勢が伝えられ、また、タカ派的名な発言をマスコミが浮き出せば目減りがあるのは当然で、これは順当な結果とも考えられます。
またこの結果は、派閥支持では圧倒的であっても、もはや全国の党員も投票権があり、また、脱派閥化した自民党の総裁選挙も、派閥の倫理だけでは決められなくなっていることも映し出しています。
これで初の戦後生まれの総裁、総理の誕生です。政治の世界はこれで間違いなくスピードを増して変化してきます。また、そうでなければ選挙には勝てません。
まずどんな人事を断行するか?そして対民主党小沢党首との対決がどんな結果、国民のイメージを植え付けるか?
ここがまず最初の安倍政権の試金石となり、次期参議院選挙へ大きな影響を及ぼします。
by kura0412 | 2006-09-20 15:25 | 歯科 | Comments(0)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

ミラーを片手に歯科医師の本音

回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
政治・経済

画像一覧