<   2006年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

最後の「か初診」の患者

先ほど「か初診」最後の患者が来ました。明日からはこの「か初診」は取れません。
思い出せば、医歯格差の是正として、初再診料を医科と合わせることが、現在の医療保険の総枠がはめられて中でも、歯科として大きな課題でした。そんな中、他の診療の財源を削って医歯揃え、その算出根拠という意味も込めて、厚労省、中医協から提案されたのが「か初診」の出現でした。
しかし、他の財源を削って振り分けたにも係らず、その算定条件が臨床現場の実態とそぐわず利用頻度が少なかった為、これを是正が急務だったわけでした。
そこで一連の事件の勃発で、今回の改定での結果となりました。
したがって、「か初診」という言葉、システムは、歯科界から提案したことでもなく、使い難くしたものではありません。
しかし、この「か初診」という言葉に沿って、患者、国民の口腔管理を進めたいと考えたのは、これを算定した先生方全ての思いでした。
今日を最後に「か初診」という言葉はなくなります。でも、この理念は我々は忘れることなく、いつの日にか、他の言葉でその復活を目指さなければなりません。それが、今回の改定の結果が誤りであったことを唯一示させる手段です。そして、それが成し遂げられなかったら、歯科界の再興はあり得ないと思います。
by kura0412 | 2006-03-31 17:16 | 歯科 | Comments(0)

大久保次期日歯会長の話を聞く

昨日、大久保次期日歯会長のお話を聞く機会がありました。正式に会長に承認後、人事の骨格の決定、また、現在の職であった、日歯連盟会長、静岡県歯会長の引継ぎ等、多忙を極めているとのお話でした。
そして、それと共に、日歯会長就任の挨拶廻りをしている中で、好意的な対応する関係者も多く、具体的な協力の提案もあったとの話も聞きました。
これも日歯の顔が代わったという一つの表れかもしれません。
会長に当選されて、初めて直接のお話を聞きましたが、それ以外の話も、先生独自の理論構築された話が、立場が変わり、更に意味深い話を聞くことが出来ました。
by kura0412 | 2006-03-30 14:27 | 歯科 | Comments(2)

読売新聞からー余計ではなく不足していますー

3月22日読売新聞の特集に、今回の改定での変更点ついての特集(架空の人物での問答形式)が掲載されていました。http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/change/20060322ik05.htm

今までも「かかりつけ歯科医初診療」(記事での記載)を取らないこと診療所の受付の写真が載っているのも気になりましたが、私はそれよりも、記事の最後にあった明細な領収書発行に対しての「余計な医療費を払っていないかどうかもチエックできる」この言葉が非常に気にかかりました。
この言葉を裏返せば、余計ですから、これは現行の医療保険での点数は十分な評価をしている設定であるという前提での話です。しかし、実際はどうでしょうか?歯科においては、余計どころか、全て足らない、とても採算ベースにすらなっていないのが現状です。
これをみると、私は、この部分の前提の誤解、歯科の医療保険での評価の実際を、しっかりと本音で伝える時期が来ている。また、それを伝える課程を踏まずして、国民の理解は得られないと思うのです。
確かに、患者サイドから立てば、安いの越したことはありません。しかし、安かろう悪かろうは医療には通じないことも国民は理解を示してくれるはずです。
しかし、この記事で笑うのは、読売新聞のHPで検索したら、この記事の下にインプラントをPRする診療所の広告のバーナーが2件載っていました。規制緩和されても、こんな広告認められていましたか?
by kura0412 | 2006-03-29 09:10 | 歯科 | Comments(1)

是正に即対応を

昨日18年度政府予算案が成立しました。これで完全に4月からのマイナス改定が実施されることになります。
と、考えた時、実はそれ以外の医療法改正についてはこれから審議すること、これを忘れていました。
当然、絶対与党のの現状を考えれば改正案の修正はまず無理です。しかし、今回の歯科での改定で湧き上がってきた数々の通達に属する部類は、その審議の中でも十分是正は可能です。
是非、日歯連盟の永山執行部、また、日歯の大久保執行部には、就任早々の喫緊の仕事として、即、取り組んでその是正を図ってもらいたい。また、それは可能性がある課題だと思います。
ただ、通常ならば、今週中位に執行部の陣営が定まり、実際に動くのは、早くて連休後という日程と聞きます。それでは間に合いません。
by kura0412 | 2006-03-28 12:10 | 歯科 | Comments(0)

採算を忘れているのでは

昨日の日曜日は、先生方の中でも外に出るのを我慢して、保険改定の準備をされた方もいられると思います。私も、どこに出ることなく、先日の社保講習会の資料を眺め、パラパラと捲ったスタディモデルの項目に目が点になりました。

スタディモデルは今回の改定での解釈で
「一連の診療は終了した日から属する月の翌月の初日から起算して3年を保存期間とする。但し、スタディモデルの正面観、左右側面観、上下咬合面観等を患者氏名、作成年月日が判別できる状態で写真撮影し、カルテに添付した場合は3月を保存期間とする。但し、写真撮影に係る費用は所定点数に含まれ算定できない。」

これを見て、昨日は改定の準備を止め、一日中寝ていました。
また、処置項目が殆ど含まれた再診料38点。どうやって患者の感染予防を確保するのでしょうか?ゴム手袋を使い廻ししれとでもいうのでしょうか?
利益の幅という議論の前に、採算というのを忘れています。
by kura0412 | 2006-03-27 11:54 | 歯科 | Comments(3)

新しい流れを堰き止めた改定

一昨日、県歯の社保講習会に出席してきました。改定のポイントは知っていましたが、改めて、県歯の社保担当役員の先生からの細かい点までの話を聞くと、今回の改定の凄さを感じます。
今回の改定の最大のポイントは、マイナス改定でも、明細な領収書の義務化でも、説明文書を渡すことだけではありません。これまで何回かの改定で、歯科枠の他の財源を削って、ようやく導き始めた新しい歯科医療の流れを堰き止めたことです。
実は、私自身は、いわゆるメンテナンスの取り組みは遅れ、恐らく、今回の改定で更に推し進められると予想して、今回の改定を機に積極的に取り組み覚悟でした。
しかし、結果は、それを取り組んでいればいればいるほど、そのダメージが大きな改定結果となってしまいました。
一端、こうゆう結果が出ると、それを修正するのは大変な作業が必要です。
残された一週間、私、個人として生きているために、診療体系全般も含め、4月からの医院経営を再考を迫られています。
by kura0412 | 2006-03-25 12:10 | 歯科 | Comments(0)

峻別のいろいろ

日医の会長選挙が、日医からの職域代表参議院を巻き込んで。物凄い状況に更にヒートアップしてきています。
先生方ご承知の通り、日医はいわゆる峻別は行っておらず、日医の会長選挙でありながら、政治的な色をかもし出す、いや、今回はその争点が自民党の支持の度合いの解釈にするなっているような様相です。
峻別といえば、衛生士会は別組織を立ち上げ、一方、技工士会は参議院選挙に候補を擁立決定しているのも係らず、峻別を実施しませんでした。恐らく、この峻別の問題は、公益法人の見直してと伴い、また再熱するかもしません。
その峻別化を図るため、初めての選挙となる日歯連盟会長を選ぶ連盟評議員会はまもなく始まります。終盤になっていろいろな動きもあったとの話も聞きますが、どんな結果となるのでしょうか。
by kura0412 | 2006-03-24 12:13 | 歯科 | Comments(0)

歯科医師としての格差の時代到来

既に、歯学部に入学すれば歯科医師になれることは補償できず、それどころか、歯科医師のライセンスを持っていれば、一生生活には困らないという時代も終わっています。
それに加え、最近では、歯科医師であっても開業できないという状況に陥っています。
私が開業した時代とは大きく異なり、担保、あるいは、しっかりたした保証人がなければ、銀行は融資をしてくれなくなったのが主な理由だと思います。
そんな「歯科医師」というライセンスの周囲に変化がある時、今朝の日経生活面の特集「点検・家族格差」に親世代からの経済的支援の度合いで、歯科医師の開業の実態が大きく異なることを一例に出し、親の支援の相違での家族格差の実際を紹介した記事がありました。
これは、既に、裕福な家庭の先生か、あるいは、後継ぎ、それも経営的に安定した親族がいる先生にしか、開業の道は拓けない時代が訪れている表れです。
これは力量や能力ではない、経済的な理由による、まさに歯科医師としての格差です。
by kura0412 | 2006-03-23 11:24 | 歯科 | Comments(0)

厚労省のどんなメッセージだったのでしょうか?

厚労省老健局の課長が、今回の介護報酬改定の結果で、加算設定は行政からのメッセージであると講演の中で話した。との報道がありました。
では、歯科の今回の改定は、われわれにどんな厚労省のメッセージがあったのでしょうか?
日本の歯科医療をこれからどうゆう方向に導きたいのか、その意図も今回の歯科医の改定ではわれわれに伝わっていません。
by kura0412 | 2006-03-22 12:41 | 歯科 | Comments(0)

レセプトオンライン化で地域医師会が請求代行

レセコン会社から今回の改定更新が9万円かかるとの案内が着ました。最悪のマイナス改定でのこの請求、、私を払う気にさせてくれません。(もちろん払いますが)
そのレセプト請求のオンライン化は、06年度は手上げ方式で08年度が順次義務され、11年4月からは歯科でもレセコンの有無にかかわらず義務化の決定がなされています。それに加え、対応が難しい小規模の医療機関については、地域医師会などの請求代行が出来る仕組みを設けるとの報道がありました。
既に、県歯レベルで、レセコンに関しての取り組みを進めているところもあり、これは今後大きな話題になりそうです。
by kura0412 | 2006-03-22 12:31 | 歯科 | Comments(3)


コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412

プロフィールを見る
画像一覧

ミラーを片手に歯科医師の本音

回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
政治・経済

画像一覧