<   2004年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

日歯連の事件が発端となり、その波紋政局にも影響を及ぼす可能性まで発展?そんな想像も出来るような、もの凄い状況になってきました。
2月2日の一連の事件が勃発して以来、各マスコミが取材で得た、それぞれの事件を、まるで在庫一掃セールをやってるがのごとく、これでもか、これでもかの報道合戦です。
もう、マスコミ、社会の眼は、歯科界内部から、政治の世界、社会全体へ移っています。
それは、日本の歯科界が社会を大きく混乱さ、われわれだけでは簡単に償えない、大きな傷を日本の社会に与えたことを意味します。
by kura0412 | 2004-07-17 10:49 | 歯科 | Comments(0)

揺れる心

また、歯科界から一連の事件で逮捕者が出ました。
恐らく、ここ暫く、歯科関係の溢れる報道が紙面、画面を通じて流されます。選挙で中断していたとは分かっていても、平穏だったことい慣れて、改めて、そのマスコミ攻勢に驚いています。
歯科界の底辺にいる一人として、やり場のないその気持ちを、それが終わるまで、じっと我慢するだけしかないのでしょうか?
もう勘弁してくれ、それと反して、徹底的に膿を出し、日本の歯科界を再生してほしい。複雑な気持ちが今、私の心の中で格闘しています。
by kura0412 | 2004-07-15 14:18 | 歯科 | Comments(0)

スケジュールは決定済み

参議院選挙が終わり、いろいろな懸案が審議、決定されます。
選挙の結果を受けて、年金問題をどう処理するか?それに関係して社会保障制度全般を見直す作業が始まります。経済財政諮問会議における一体的な見直しの行くへはいずこへ?特に、最近の財界のこの社会保障への負担増に対する警戒心は、物凄いものがあります。その後は、医療保険と一体的な見直しが検討されている介護保険の見直しも始まります。
一連の事件行くへも気にかかりますが、時期を見失わない、既に予測されるこれらの対応への迅速な対応を期待します。
by kura0412 | 2004-07-14 13:59 | 歯科 | Comments(0)
選挙は、現代社会で唯一社会に認められた戦争です。その結果は、勝つか、負けるかのいずれかしかありません。
しかし、それにしてもその敗者の行く末は残酷です。今回の選挙の結果を受けて、政治の世界から追い出されることはもとより、社会の隅に追いやられた候補者も出てくるはずです。
だからこそ、それを進めるには、候補者を囲む人達も、命がけの戦いを覚悟しなければならないのです。
選挙は確かにお祭りの一面ももっています。しかし、その裏側の存在も忘れてはなりません。
by kura0412 | 2004-07-13 13:11 | 歯科 | Comments(0)
昨日の参議院選挙は民主党躍進という結果で終わりました。そして、歯科医師会、歯科医師連盟というポジションでこの結果を考察すると、連盟の改革に加え、もう一つ宿題をもらいました。
それは、いよいよ本格化してきた、「二大政党化」にどう対応するか?です。
今後も自民党支持一辺倒を貫くなら、その明確な理由が必要となってきます。今までのように「与党だから」と唱えるなら、政権交代となったら手のひら変えたように変更するのか?もはや「与党だかから自民党支持」というフレーズは、会員、また、国民には説得性の欠けるものになるかもしれません。
明確な、政策における相違、結果によって支持政党を選択する。その基本に戻ることも、連盟の改革が迫られている今、改めて再考する絶好の機会であり、それを実施することで、連盟存在の意義を内外に訴えることが出来るかもしれません。
埼玉県では、民主党から嶋田先生、自民党から関口先生、二人の日歯連盟会員の先生が当選されました。
by kura0412 | 2004-07-12 12:02 | 歯科 | Comments(2)
日歯、日歯連盟共に、新執行部に代わり一ヶ月が経とうとし、いよいよ本格的な活動が始められようとしています。それでなくても課題山積の日本の歯科界に、一連の事件の対応、そしてそれに伴う、「改革」へ向けての動き。
限られた陣容、そして時間の中で、その課題の検討項目の抽出もさることながら、どのような順序で、系統立てて進めるかを決定することも、その解決を成功に導く為のおきなポイントになるかもしれません。
特に、トラブル勃発した時の、瞬時の、スピードある対応は、これがイコール、危機管理にもつながります。
新執行部がまず、何を、どの様なスピードをもってスタートするか、注目したいと思います。
by kura0412 | 2004-07-09 13:34 | 歯科 | Comments(0)

まだ始まったばかり?

日歯、連盟共、新執行部に代わり、歯科界は、何か平穏無事で、怖いぐらい静かになっています。しかし、その理由はただ一つ。参議院選挙があるからです。事件はまだ、まだ、入り口、始まったばかりです。
ひょっとすれば、週明けに事件が伸展しても不思議ではありません。
「新執行部の危機管理の対応、力が試される時は近し」
考えてくありませんが、その準備が必要です。
by kura0412 | 2004-07-08 13:55 | 歯科 | Comments(0)

自己紹介に代えて

私の連載している「デンタルタイムズ21」のコラムが載っています。
http://www.independent.co.jp/dt21/column20040615.html
by kura0412 | 2004-07-07 11:21 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412