ブログトップ | ログイン

日本の歯科界を診る

2018年 10月 16日 ( 1 )

根本厚労相「高齢者活躍、年齢より意欲」 継続雇用年齢上げ 一律義務は慎重

根本匠厚生労働相は15日、日本経済新聞などのインタビューに応じ、政府が検討している65歳以上の継続雇用年齢の引き上げについて、「働く意欲と能力のある高齢者が年齢に関わりなく活躍できる社会を実現する」と述べた。企業に一律の雇用義務を課すことには慎重な考えを示した。

政府は5日に安倍晋三首相を議長とする未来投資会議を開き、継続雇用年齢を65歳以上に引き上げる法改正の検討に着手した。現在は希望者全員に対し65歳までの雇用確保を義務付けている。
根本厚労相は「今後の話はまだ決めていない」としたが、「柔軟な対応が必要だ」とも述べた。
自民党の厚生労働部会長に小泉進次郎氏の就任が決まったことについては、「若い力に期待したい。ぜひ頑張ってほしい」と話した。

(日経新聞)



小泉議員自らこの職を希望したとの報道もありました。党内で働き改革、社会保障改革の提言を取りまとめた一人です。さて、どんな手腕を発揮できるのか。
by kura0412 | 2018-10-16 08:48 | 政治 | Comments(0)