昨日の中医協総会で医療経済実態調査に対しての支払側委員からのコメントです。
「歯科診療所および調剤薬局は、横ばいであるが安定して黒字を確保している。」
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000029928.pdf

個人診療所が殆どの歯科では、損益差額が経費計上できないもろもろを含めての開設者の収入です。
それも分からずに中医協委員を務めているのでしょうか。
by kura0412 | 2013-11-21 13:09 | 歯科医療政策 | Comments(0)

23年度国民医療費 歯科の構成割合7%切る

厚労省は11月14日、平成23年度国民医療費を発表した。歯科は過去最高の2兆6,757億円で、前年度と比較して737億円、2.8%増えたが、医療費全体に占める割合は0.1ポイント低下し、6.9%と過去最低を記録した。歯科医療費の伸び以上に医科、調剤の伸びが大きかったのが影響した。医療費全体は3.1%増の38兆5,850億円で過去最高を更新した。

【日本歯科新聞】



時間の問題とは予想していましたが、とうとう7%も切ってしまいました。
by kura0412 | 2013-11-21 09:53 | 歯科医療政策 | Comments(0)