ブログトップ | ログイン

日本の歯科界を診る

猪瀬氏「仕事続ける」=知事選、12月16日投開票で調整―東京都

東京都の猪瀬直樹副知事は26日、石原慎太郎知事の辞職に伴う都知事選への出馬について「(知事の)職務代行として都政を守るために仕事をやり続ける」と述べ、改めて明言を避けた。都庁内で記者団に答えた。
猪瀬副知事はまた「都政に空白をつくらないため僕も忙しくなるということ」と強調した。
石原知事は辞職を表明した25日の記者会見で、後継として「猪瀬さんで十分だと思う。あれだけ優秀な副知事は見たことがない」と猪瀬氏の名前を挙げている。知事の辞職の同意を求める臨時議会は31日に開会、知事選は12月16日投開票で調整が進められている。
辞職表明から一夜明けた石原氏は、都内の自宅前で雲一つない空を指さし「空を見なさい。さっぱりしている」と心境を語った。 

【時事通信】




これで東京都は衆参両議院、都議会、そして都知事の4回の選挙を9か月の間に実施することになりました。
by kura0412 | 2012-10-26 15:21 | 政治 | Comments(0)

<民主党>熊田衆院議員が離党へ 水野議員も検討

民主党の熊田篤嗣衆院議員(41)=大阪1区=が26日午後、同党に離党届を提出する見通しになった。熊田氏は地域政党「減税日本」(代表・河村たかし名古屋市長)への参加を検討している。
さらに民主党の水野智彦衆院議員(56)=比例南関東=も減税日本入りを念頭に離党を検討していることが明らかになった。
東京都の石原慎太郎知事が新党結成を表明した翌日に民主党内で離党の動きが表面化したことで、野田政権にさらなる打撃となるのは必至だ。

減税日本は臨時国会が始まる前の「国政政党化」を目指しており、民主党の離党予備軍に精力的に参加を呼びかけていた。
減税日本にはこれまでに小泉俊明氏(茨城3区)、小林興起氏(比例東京)、佐藤夕子氏(愛知1区)の3衆院議員が参加しており、熊田、水野両氏が加われば、国会議員5人以上という政党要件を満たすことになる。
熊田、水野両氏は先の通常国会で消費増税法に反対し、当選1回の議員らとグループをつくり活動していた。

民主党は現在、9人が離党すると衆院で与党過半数割れに陥る状況にある。
離党の動きは2人以外にもあり、党執行部は若手議員を政府・党の役職に積極的に起用するなど、離党を抑える取り組みに力を入れていた。それでも離党者が続く形になり、危機感を強めている。

【毎日新聞】
by kura0412 | 2012-10-26 15:17 | 政治 | Comments(0)

審議拒否せずによって

自民、審議拒否せず…特例公債法案、成立容認へ

自民党は25日、臨時国会(29日召集)では審議拒否戦術をとらない方針を固めた。
赤字国債発行に必要な特例公債法案についても、成立を容認する方向で調整に入った。野田首相が求める懸案処理に協力し、年内の衆院解散が可能な状況をつくる戦術に転換する。

安倍総裁ら党執行部は25日夜、都内のホテルで国会対応を協議し、〈1〉衆院では首相の所信表明演説と各会派による代表質問の本会議を欠席する〈2〉野党が多数を占める参院では本会議を開かない方向で各党と調整する――との方針を固めた。ただ、衆参の予算委員会開催や法案審議には、原則として応じることとした。
予算委では、年内の解散に応じる姿勢を示さない首相を、「『近いうちに信を問う』との約束は食言ではないか」と追及する構えだ。辞任した田中慶秋前法相の任命責任でも首相を攻め立て、政権に打撃を与えた方が党の存在感の発揮につながるという判断だ。

【読売新聞】



自民が審議拒否しないことを本音としては、政府与党は歓迎しているでしょうか。
いずれにせよ、年内解散は可能性は少なくなったようです。
by kura0412 | 2012-10-26 15:12 | 政治 | Comments(0)