大きな政治の岐路に

小沢氏強制起訴の可否判断へ 検察審議決、4日中に公表

小沢一郎・元民主党代表の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件で、東京第五検察審査会は4日中に、小沢氏の2004、05年分の政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑について、2度目の議決を公表することを決めた。同日に審査会を開き、小沢氏を強制的に起訴するかの最終判断となる議決書を最終確認した。

審査の対象になっていたのは、04年10月に陸山会が小沢氏からの借入金で都内の土地を約3億5千万円で購入したのに、04年分の政治資金収支報告書に計上せず、05年分の収支報告書には関連団体からの寄付を装った虚偽の収入と土地代支出を記載したとされる容疑。
東京地検特捜部は2月、この04、05年分の虚偽記載に加え、07年分も小沢氏に4億円を返済するなどした収支を記載しなかったとして、石川知裕衆院議員ら元秘書3人を起訴した。小沢氏については「虚偽記載の明確な了承があったとは言えない」として不起訴(嫌疑不十分)にした。
しかし、小沢氏を告発した市民団体からの不服申し立てを受けて、第五審査会が4月に「起訴相当」と議決。石川議員らの「小沢氏に報告・相談した」とする供述を評価し、小沢氏を「絶対権力者」と呼んで共謀を認めた。

1度目の議決を受けて再捜査した特捜部が5月に再び小沢氏を不起訴としたため、第五審査会が2度目の審査に入っていた。11人の審査員のうち8人以上の賛成で「起訴すべきだ」とする議決(起訴議決)が出れば、市民の判断によって政治家が起訴される初めてのケースになる。
07年分の容疑については、市民団体が04、05年分と別に審査会に申し立てたため、東京第一審査会が審査を担当。7月に「不起訴不当」の議決をしたが、特捜部が9月末に再び不起訴にしたため、小沢氏は起訴されない。

【asahi.com】



4日の結果によって起訴となった場合は、暫く小沢一郎氏は動きが取れません。一方、これで不起訴相当となれば、晴れて疑いが消えたと捉え、一気に政局が動く要因と成り得ます。
by kura0412 | 2010-10-04 16:40 | 政治 | Comments(1)

たばこ離れ加速も 

たばこの価格が税金引き上げに伴い1日から値上げとなるのに伴い、愛煙家はまとめ買いや禁煙の検討など対応に追われた。値上げ幅は過去最大で、消費量(本数ベース)は25%減少するとの見方もある。健康ブームもあり、たばこ離れが加速しそうだ。

日本たばこ産業(JT)はマイルドセブンを300円から410円、セブンスターを300円から440円にそれぞれ値上げ。幅に差があるのは「マイルドセブンのシリーズは国内シェア約32%を占める基幹商品で、影響を抑えたい」からだ。
フィリップ・モリス・ジャパンもマールボロを320円から440円に。増税分は1本当たり3・5円で1箱70円の計算だが、値上げ幅の方が大きいのは「販売減によるコスト増の吸収と品質の維持のため」(JT)。
値上げは、たばこ税法により店頭で1日午前0時ちょうどに実施。自動販売機はプログラムで自動的に対応する。
駆け込み需要は旺盛で、都内のコンビニで5カートン(1カートンは10箱入り)をまとめ買いした台東区の男性会社員(39)は「買いだめがなくなったら、禁煙を真剣に考えます」と苦笑い。
セブン-イレブン・ジャパンでは、たばこの売り上げが27日は前年の同じ日と比べ約2倍、28日は約3倍、29日が約4倍と尻上がりに増加。ファミリーマートは9月は前年同月比6~7割増だが「当初の想定より少ない。禁煙する人が増えているのかもしれない」(広報)とみる。

JTの調べでは、喫煙者の割合は2000年度の32・9%から10年度には23・9%へと減少。クラシエフーズ(東京)は、喫煙者を対象とした自社アンケートで禁煙すると回答した人が31%に上ったことに「節約を考える人が多いようだ」と指摘している。

【共同通信】



喫煙者の減少は医療人としては非常に良い傾向だと思います。
たばこ葉生産者に対する対応は別途としても、税収不足を理由に反対する人もいますが、喫煙における医療費の増大を考えれば、財政的にもプラスに働くはずです。
by kura0412 | 2010-10-04 10:42 | 歯科 | Comments(0)