普天間基地移設、また尖閣問題で、外交問題が民主党政権のアキレス腱となるような雰囲気です。
自民党政権時代、アメリカ一辺倒、また外務省官僚任せといわれてはいたものの、結果をみると、外交でもっと大切な継続性が保たれていたことが再確認します。(その為に大きな変化が出来なかったという問題点も浮き上がりますが)
それと重要なのが人的な交流、いわゆる各国とのパイプの有無、太さです。残念ながら、これが民主党独自のものが全く欠如していました。国会議員のブログを覗くと、自民党では独自のパイプを議員個人ベースであっても、野党に下った現在でも築きあげようとしている動きがあります。

実は、このような政治的な動き、つまり、どんな立場、関係となっても、政治の世界では、人的な繋がりの重要性が非常に大切だということが、今回の外交に事を発した政権交代を機に問題、課題として浮き上がってきました。
この人との交流、関係は非常に複雑であり、また、そう簡単には築きあげられません。これは外交に限らず、政治的な活動全てに通じます。そして、その関係で一番需要なのが、相互の信頼関係です。
by kura0412 | 2010-09-30 17:27 | 政治 | Comments(0)

税と社会保障の改革考える調査会を新設―民主政調

民主党は9月29日、拡大政調役員会を開き、「税と社会保障の抜本改革調査会」を新たに設置することを決めた。会長に藤井裕久前財務相、会長代理に小沢鋭仁前環境相、事務局長に大串博志前財務政務官がそれぞれ就任する。
役員会の終了後に記者会見した玄葉光一郎政調会長(国家戦略担当相)は、同調査会の役割について「在るべき社会保障像を描きながら、それに沿って税の抜本改革の在り方について議論を行う」と説明。その上で、年内に「一定の基本的考え方」を取りまとめる意向を示した。議論の開始時期については「できるだけ早くスタートしたい」と述べた。

■鳩山前首相が会長の「新しい公共調査会」も
また同日の拡大政調役員会では、鳩山由紀夫前首相を会長とする「新しい公共調査会」の新設も決めた。玄葉政調会長は会見で、「鳩山前総理がもともとの提唱者。党で自由闊達(かったつ)に議論をしていただきたい」と述べた。議論の内容については「鳩山前総理にお任せしたい」とした。

【キャリアブレイン】



税と社会保障、入りと出を対にしての議論がこれから求めらています。
となると、その前に歯科医療の国民負担のあり方は?そんな議論も必要となってきます。
by kura0412 | 2010-09-30 10:04 | Comments(0)