ブログトップ | ログイン

日本の歯科界を診る(ブログ版)

所得把握へ「共通番号制度」、検討会が3案提示

政府の「社会保障・税に関わる番号制度に関する検討会」(会長・菅首相)は29日、中間とりまとめとして、国民の所得状況などを把握する共通番号制度案を公表した。番号制度は、徴税などの税務、年金の支払いなど社会保障分野に使うことを目的としており、消費税率の引き上げに合わせて低所得者の負担軽減策として必要性が指摘されている給付付き税額控除の導入にも欠かせない。政府は年内に具体案をまとめ、14年度の導入を目指す。

中間とりまとめは、番号制度について、〈1〉徴税や所得の把握など税務のみに限定したドイツ型〈2〉税務と、年金保険料の徴収、年金支払いなど社会保障にも使うアメリカ型〈3〉さらに、住民登録など幅広い分野に活用するスウェーデン型――の3案を提示した。そのうえで、「税務だけでは国民が導入メリットを感じられない」とし、用途を広げることについては「個人情報の保護の観点から慎重な検討が必要」とも指摘。税務と社会保障分野で使う米国型が望ましいとの考えをにじませた。
さらに、米国型の社会保障分野での利用形態については、所得に応じた年金給付の実現など現金給付だけに役立てる案と、自分が受けた医療や介護サービスの履歴を把握できるといった社会保障サービスにも広げる2案を示した。
実際の番号制度の中身は、全国民を対象に氏名、生年月日などを管理する住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)をベースに新たな番号を付与する形が、プライバシー保護と導入費用の点で有力との考えだ。費用は約6000億円を想定している。このほか、基礎年金番号の活用案、住基ネットの番号をそのまま使う案も提示されたが、国民全員に付与されていないことやプライバシー保護などの問題点が示された。
番号制度が導入されれば、所得を正確に把握できるため、所得税の課税対象に含まれず、減税の恩恵を受けることができない低所得者にも減税分を給付することができる。また、年金の受給資格があるにもかかわらず、保険料の支払い履歴などの不備で年金がもらえないといった問題を防止する効果も期待できる。

【読売新聞】



これも選挙後に議論が加速します。
by kura0412 | 2010-06-29 11:58 | 政治 | Comments(0)

首相、年金で超党派協議を 政府が基本7原則

政府の「新年金制度に関する検討会」(議長・菅直人首相)は29日、年金改革に関する7項目の基本原則を取りまとめた。菅首相は検討会の冒頭「年金は国民にとって身近で大切な制度であると同時に、長期的な制度。党派を超えた国民的な議論に基づき改革を進めることが望ましい」と述べ、野党に超党派の協議を呼び掛けた。
政府は2013年度に関連法案の成立を目指すが、消費税率引き上げ議論とも絡み、野党が協議に応じるかは未知数だ。
民主党は参院選マニフェスト(政権公約)で職業別の年金制度を一元化し、月額7万円の最低保障年金を実現するとの改革案を掲げている。基本原則はこれを下支えした内容だが、7万円との金額は提示しなかった。
また昨年の衆院選マニフェストでは、最低保障年金の財源は消費税と明記したが、基本原則では「安定的財源を確保する」と後退。税と保険料を一体徴収する歳入庁構想にも触れなかった。
7原則は(1)年金制度の一元化(2)最低限の年金額の保障(3)負担と給付の関係の明確化(4)安定的財源の確保など持続可能な制度(5)年金記録の確実な管理(6)保険料の確実な徴収(7)党派を超えた国民的議論による制度設計。

【共同通信】



この時期に発表するということは、選挙にプラスとの意図があったはずですが、さあどうでしょうか。
しかし、消費税の問題、この年金問題、そして高齢者医療制度改正など、財源が絡んだ問題は、選挙結果を踏まえて一気に議論が加速しそうです。
by kura0412 | 2010-06-29 10:58 | 政治 | Comments(0)

唾液を調べ、がん発見 慶大研究所などが新技術開発

唾液(だえき)に含まれる成分を調べ、がんを発見する技術を、慶応義塾大先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)と米カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)が共同で開発した。唾液の検査は、X線や血液の検査より患者の負担が小さく、実用化されれば症状が出にくいがんの早期発見につながる可能性がある。

UCLAが、膵臓(すいぞう)がん、乳がん、口腔(こうくう)がん患者や健常者ら215人の唾液を集め、慶応大がそれぞれのがんに特徴的な物質を探した。検出された約500種類の糖やアミノ酸などのうち、膵臓がん患者はグルタミン酸の濃度が高いなど、健常者に比べ濃度が高かったり低かったりした54物質を特定した。
これらの物質の特徴を組みあわせた解析で、がん患者を対象に、がんが判別できる精度を調べた。この結果、膵臓がんの99%、乳がんの95%、口腔がんの80%を見分けられた。年齢や性別、人種の差は、あまりなかった。
膵臓がんは、早期段階では特徴的な症状がない上、他の臓器に囲まれているため見つけにくく、進行して見つかる場合が多い。実用化のためには、がんと診断されていない人を対象にした試験や、唾液の状態による影響、早期がんの患者にも有効なのかの確認など、さらにデータの蓄積と検証が必要になるという。
この分野に詳しい静岡県立静岡がんセンター研究所の楠原正俊医師は「唾液のような液体に含まれる物質を一度に何百種類も分析できる方法自体が画期的。既存の血液による検査方法では早期がんの検出は難しい。早期がんが発見できるかに注目していきたい」と話す。
研究結果は28日、オランダで開かれているメタボローム国際学会で発表される。

【asahi.com】



唾液のもつ可能性の一つを示す研究結果です。歯科界再生のキーワードは『唾液』かもしれません。
by kura0412 | 2010-06-29 08:19 | 歯科 | Comments(0)