口は災いの元” 歯周病菌 糖尿病などのリスクに

歯の健康維持に歯磨きが大切なのは当然だが、自分の歯に合った正しい磨き方を知らない大人も少なくないようだ。専門家は「大人は虫歯に加え、歯周病にも注意を払うべきだ。軽視すると歯の病気だけでなく、糖尿病など体のさまざまな病気の引き金にもなる。これぞ“口は災いの元”」と警鐘を鳴らす。

怖い「隠れ虫歯」
日本歯科医師会の昨年の調査によると、「歯科健診を受けている」人は不定期を含めて20~69歳の36・7%にとどまった。予防歯科医学に詳しい鶴見大学歯学部の花田信弘教授は「子供のときには磨き方の集団指導を受けるが、大人は生活や口の状態がさまざまなので、一律の磨き方は言えず、歯科医による定期的な個別指導が必要」と説明する。

まず注意したいのは、菌が集まった膜「バイオフィルム」が歯にかぶさり、磨ききれない10%ほどの部分だという。
唾液(だえき)はカルシウムやリン酸を十分に含んだ“液体の歯”で、歯と唾液が接していれば歯の表面は中性に保たれて虫歯にならない。ところが、「ミュータンスレンサ球菌」(虫歯菌)と食べ物の糖を基に酸性のバイオフィルムができ、歯を覆う。すると、歯からカルシウムやリン酸が溶け出し、初期の虫歯になる。「歯科衛生士がバイオフィルムを3カ月に1度程度取り除くことが望まれる」と花田教授。
虫歯予防に活用されるフッ化物は、歯を溶けにくくするなどの効果がある。花田教授は「フッ化物は歯の表層のエナメル質には効く。ただしバイオフィルムがあると、時間をかけてエナメル質の中の象牙質に“隠れ虫歯”ができる。見た目には分からないまま、まるでシロアリに食われた床下のようにスカスカになり、いつかバリッと壊れてしまう」。歯をしっかり磨くことと、フッ化物を使うことの両方が大切だ。

血管老化も進む
「8020運動」などで高齢者でも自分の歯が残るようになった分、歯の健康管理がますます重要になる。歯周病で歯肉が下がった所にできる虫歯「根面齲蝕(こんめんうしょく)」にも注意してほしいという。

また、花田教授らの近年の研究で、「歯周病菌は口から血管に入りやすく、血管の炎症を起こし、メタボリックシンドロームと同様に血管年齢を上げる」ことも明らかになってきた。歯周病菌を基にできる物質「TNF-α」が細胞に結合すると、血糖値を下げるはずのインスリンが効かず、糖尿病につながるという。
体のさまざまな病気との関連で、喫煙や飲酒、ストレスや栄養摂取の問題が言われている。「歯周病もまた、がんや呼吸器系疾患、心臓血管疾患、肥満、糖尿病、アルツハイマー型認知症のリスクにつながる」(花田教授)
歯周病を治療すると、血管年齢が戻っていくとのデータがある。こうしたことからも花田教授は「歯科分野でも、もっとこれらの病気の予防に取り組むことができる」と提言する。

歯の“4面”を意識して
厚生労働省の平成17年歯科疾患実態調査によると、毎日歯を磨く人は96・2%。1日2回が49・4%などと複数回磨く人の割合が増え、歯の健康への意識の高まりが伺える。
ただ、回数だけでなく磨き方も重要だ。花田信弘・鶴見大学教授は最低限実行してほしいこととして、「歯科医が個別に指導する方法で、1日1回は時間をかけてじっくり歯磨きを。例えば、入浴中や新聞を読みながらなど、うまく習慣化してほしい。歯の表裏しか磨かない人が多いが、歯周病を防ぐため、歯間ブラシやデンタルフロスを併用して歯と歯の間の2面を含め、4面を磨いてほしい」とアドバイスする。

【産経ニュース】



こうゆう考え方を、もっと戦略的に国民の間に広める地道な努力が必要です。
by kura0412 | 2010-06-16 16:42 | 歯科 | Comments(0)

見直しを好機と捉えて

介護予防事業の見直しを検討―厚労省

厚生労働省は6月15日、地域包括支援センター全国担当者会議を開き、介護予防事業の普及が進んでいないとして、健診による特定高齢者調査など同事業の見直しを検討する方針を明らかにした。

具体的な見直し項目として厚労省老健局老人保健課の小林秀幸課長補佐は、▽健診に代えて高齢者ニーズ調査の実施▽特定高齢者の予防ケアプランについて、作成業務を特に支援が必要な場合にのみとするなどの簡素化を図る▽要支援者の予防ケアプランについて、委託可能件数の拡大、要介護・要支援の様式統一などを図る▽特定高齢者の名称を変更▽転倒防止、腰痛、膝痛などの高齢者のニーズの高いプログラムを実施―などを挙げた。
厚労省では、「高齢者ニーズ調査の実施」に関して、健診による特定高齢者の把握が実態に即していない点や介護予防事業予算176億円の約50%を占めている点を問題視。小林課長補佐は、予算配分のバランスを修正する観点も含め、「認知症、うつ病、閉じこもりなどの(要介護になり得る)真のハイリスク者も一体的・確実に把握できる高齢者ニーズ調査を、健診に代えて行うことを検討している」と述べた。

【キャリアブレイン】



この見直しはチャンス到来と前向きに考えて、歯科界も積極的に行動してほしいものです。
by kura0412 | 2010-06-16 10:02 | 医療政策全般 | Comments(0)

これも財源論に通じます

高齢者医療支援金、健保・共済負担増も

厚生労働省は2013年度から導入を計画する新しい高齢者医療制度について、現役世代の各健康保険が拠出する支援金の負担割合を加入者の平均年収に連動させる方向で検討に入った。中小企業の従業員らが加入する協会けんぽなど年収が少ない健保の負担軽減が狙いだ。一方、年収が比較的多い大企業の健保組合と公務員共済は現行よりも合計3000億円前後の負担増になるとの試算もある。

財政が悪化した大企業健保では、保険料の引き上げ圧力が強まりかねない。このため負担が増す健保組合の反発が強まる可能性が高い。

【日本経済新聞】



これも政府の財源問題と通じます。
これからの医療制度を維持するには、可能な限り回避する努力はことは必須ですが、何がしかの負担増は避けられません。問題は、それをどこで、どのような形がを議論する必要があります。
by kura0412 | 2010-06-16 08:03 | 医療政策全般 | Comments(0)