ブログトップ | ログイン

日本の歯科界を診る(ブログ版)

近聞遠見:小沢は身を引く時だ=岩見隆夫

長年、民主党の助言者である山口二郎北海道大教授が、民放テレビで、
「小沢権力は幹事長を辞めれば、かき氷みたいに消えていく。お金の力も、(候補者の)公認権もポストについているからだ」
と語るのを聞いて、驚いた。小沢一郎幹事長の引責辞任が明らかになった翌日である。政権交代への期待が強かっただけに、小沢の手法への幻滅が大きく、その衝撃が言わせているのだろう。しかし、小沢はそんなヤワな政治家ではない。

かき氷の例えは面白いが、そう簡単に溶けない。溶けても水になって残っている。21年前、当コラムの第1回は、
<小沢新幹事長が気になる>
というタイトルだ。47歳の若さで自民党幹事長に抜てきされた時だった。

4年後に、小沢は自民党を離党している。以来、新生党代表幹事、新進党幹事長、同党首、自由党党首、民主党代表、同幹事長と、都合7回、五つの政党のナンバーワンとツーを歴任してきた。
同じ回数だけ辞任し、次のステップを踏んでいる。こんな息の長い政治家はほかにいない。特異な生命力、特異な継戦能力だ。
ただ、過去6回は自身の意思による辞任だった。しかし、今回は鳩山由紀夫前首相に引導を渡され、初めての不本意なケースとなった。それが今後にどう響くのか。
小沢の心情を推測するのはむずかしい。テレビ画面に映し出される渋面は、不快な気分を示しているのだろうが、同時に次の策を練っていると思われる。民主党の新代表(首相)に選ばれた菅直人は、
「小沢氏はしばらく静かにしていただいたほうが、ご本人にとっても、民主党にとっても、日本の政治にとってもいいのではないか」
と小沢離れ宣言ととれる発言をしたが、小沢はすでに静かではない。菅の面談要請を拒み続けたこと、海江田万里らに出馬を促したらしいこと、などがそれを端的に示していた。枯れていない。

最近は、
「くたびれた……」
と漏らすことも多いという。68歳の身で、あの過激な選挙準備ぶりをみると、疲労感は当然、しかし、疲労と闘争心は共存できる。日本の政治に通じているジェラルド・カーティス・コロンビア大教授は、
「今回、鳩山さんは小沢さんと無理心中したが、問題は小沢さんが政治的に死なないことだ。裏から不透明なやり方で権力を持ち続ける。だから、人気は民主党に戻らない」(3日付「毎日新聞」座談会)
と言う。山口教授と真反対だが、多分、カーティス教授の見方が当たっている。菅新体制のもとでも、小沢による二重権力問題が形を変えて影を落とすに違いない。菅は、
「政治とカネの問題にけじめをつける」
とも約束している。しかし、小沢が政治資金疑惑を認めるはずもなく、一切やましくない、と言い続けるのだろう。疑惑がなければ辞める必要はないはずだが、辞めざるを得なかった。

その小沢が率いる最大集団が現に存在している。菅はどうけじめをつけるのか。
「国民のために政治がある。権力闘争は国民のための政治を実現する手段だ」
というのが小沢の持論だ。だが、権力闘争が過剰になると、<国民のため>が薄れてくる。闘争を名分に選挙至上主義に走り、カネが動いたのだ。その象徴が小沢である。
古い政治は断ち切らなければならない。鳩山がきっかけを作り、次期衆院選の不出馬を決断した。小沢も静かに身を引く時である。(敬称略)

http://mainichi.jp/select/seiji/iwami/



私も後者になる可能性が高いと思っています。
となると、また、民主党内でも『小沢』というキーワードで対立軸が明確になってきます。
by kura0412 | 2010-06-05 14:53 | 政治 | Comments(0)

菅新首相、郵政改革法案が最初の関門 国会延長論も浮上

菅直人新首相にとって待ったなしの課題は、最終盤の国会をどう乗り切るかだ。連立を継続する国民新党が成立を強く求める郵政改革法案の取り扱いを誤れば、最大の正念場の参院選を前に政権が失速しかねない。

菅氏は党代表選出後、国民新党の亀井静香代表と会談した。同法案の「速やかな成立を期す」こと、民主、国民新、社民で合意した3党連立合意を「引き継ぐものとする」ことで合意し、連立維持を確認した。亀井氏は「今国会で成立させて参院選を堂々と戦う」と満足げに語った。
しかし、16日までの会期内に同法案を成立させることは困難だ。菅氏は4日の会見で「今国会で成立を期すことに全力を挙げていきたい」と、亀井氏に同調した。ただ、その一方で「基本は会期で終わるのが普通だが、新体制ができた中で議論が必要だ」と、延長に含みを持たせた。
与党内では2週間程度延長した上で、参院選を7月25日投開票とする案が浮上している。ただ、7月11日で固まっている日程を動かすことは、選挙準備を進めてきた参院側の反発を招く可能性がある。

一方、菅氏は会見で、小沢一郎幹事長が休止させていた党政策調査会を復活する考えを表明した。「政調会長が閣内の役職を兼ねることを検討してもいい」と述べ、政調会長を閣僚に起用して、同党が掲げる「政策決定の一元化」を強める考えを示した。
民主党は昨年9月以降、党所属議員からの政策提言は、各省政務三役が参加する政策会議で吸い上げる一方、自治体や業界団体などからの陳情は、窓口を幹事長室に一元化して政府に伝える仕組みを整えた。
だが、各省政策会議には権限が与えられず、形骸(けいがい)化。陳情改革は、幹事長室への権限集中を招いた。このため多くの議員に「政策に関与できない」という不満が強まり、党内から政調復活を求める声が高まっていた。

【asahi.com】



国民新党との連立合意時事項である郵政法案成立を考えれば、会期延長となって参議院選投票日は2週間ずれ込んで7月25日でしょうか。
菅新首相の小沢幹事長に対する姿勢、また、郵政法案の取り扱い如何では、選挙前でも政局が大きく動き可能性を秘めてきました。
by kura0412 | 2010-06-05 08:33 | 政治 | Comments(0)