2010年 05月 06日 ( 2 )

普天間の危険性除去と沖縄県民の負担軽減をパッケージで考え解決したい 名護市で鳩山総理(代表)

鳩山由紀夫総理(代表)は4日夕、名護市内で記者団から沖縄日程を終えての受け止めを問われ、「県民の皆さんが(普天間飛行場の)『最低でも県外移設』を求めているという厳しさを改めて実感した。この国の平和を考えたとき、日米同盟の将来を思うにつけ、どうしても沖縄に一部負担をとの考え方をお願い申し上げた」とコメント。普天間飛行場の危険性の除去と沖縄県民の負担軽減をパッケージで考えるなかで解決していきたいと表明し、地元の理解が得られるよう、今後さらに仲井真沖縄県知事をはじめ基地が所在する市町村の首長や地元住民らとの意見交換をしっかり行っていきたいと語った。

また、同日午後には名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸域を視察に訪れたことにも言及。「まだ移設先を決めているわけではない」」としたうえで、「環境に最大の配慮していく必要がある。大事なのはこの国の環境を守りながら平和を維持していくためにどうするかということを国民全体で考えていくこと」だと強調、その先頭に立っていく決意を示した。

【民主党HP】




この発言の内容を、自らが期限を決めておきながら本当に可能なのでしょうか?それとも、まだ腹案があるのでしょうか?
いずれにせよ、まず、鳩山首相のこの問題ですることは、普天間基地付近住民の危険性を排除することであり、それと共に自分の発言に責任をもって対応することです。
by kura0412 | 2010-05-06 15:08 | 政治 | Comments(0)

参議院議員選挙投票日は

参議院選挙はいつ?

参議院選挙の日程が流動化してきた。
郵政再国有化法案の閣議決定がずれ込んだため、放送法と郵政再国有化法案の両方を審査する衆参の総務委員会で、大臣の取り合いになってしまう。

衆参の総務委員会は、両方とも火、木が定例日。法案審査のために委員会を開くためには総務大臣が必要だが、大臣は一人しかいないため、どちらかでしか委員会を開けない。
そのため、両方の法案を成立させようとすると、国会延長は避けられない。
衆議院の厚生労働委員会も、与党が自民党の大村筆頭理事に対して理由もなく懲罰動議を出し、しかもそれをやっぱりすみませんと一方的に取り下げた。それが原因で厚生労働委員会も空転中。
国土交通委員会は、委員長と大臣の内紛が勃発し、幹事長が乱入してきて、めどがたたない。
環境委員会も大型法案の行方が不明。

二日以上の国会延長だと、七月十一日の投票日にならない。
十八日は連休になるので、この週末を避けると七月二十五日投票日になる。
反対に、参議院議員の任期は七月二十五日までなので、そこまで延長すると今度は八月二十二日投票日になる。
山岡さん、そろそろどうしたいのか、ご提案をください。

【河野太郎衆議院議員ブログ】



投票部日の決定は、選挙結果に関係するだけでなく、通常投票日から逆算して決める選挙運動にも大きく影響します。
但し、現状の政治情勢で、投票日が延びることがどの政党に好結果をもたらすかは不明です。
by kura0412 | 2010-05-06 11:01 | 政治 | Comments(0)