改定率が決定して、現在中医協での最大の話題は医科の再診料です。この問題が、さも開業医が優遇され、勤務医の労働過多の解決策のような扱われ方になっています。

おかしな話です。
確かに歯科からみれば医科の先生は羨ましい存在であることは事実ですが、その多くの先生方は地域医療を必死に守られています。
現在の71点の妥当性までは分かりませんが、少なくても開業医の収入で大きな役割を果たす再診料を、下げなければいけない環境ではないはずですし、18年度改定でのる歯科の経験から考えても影響は大きいはずです。
本来ならば、歯科も一緒に日医と共にその議論の中に入りたいところですが、私のような意見を言えば、その時点で歯科への跳ね返りは目に見えています。苦しいところです。

それよりも、医科のこの議論の結果が、今回のアップ率の多くを初再診に充てるとされている歯科に、どんな影響があるのかが気になります。
小さな人間の独り言です。
by kura0412 | 2010-01-28 11:43 | 歯科医療政策 | Comments(1)

小沢氏再聴取、見送りへ=関与捜査は継続-政治資金規正法違反事件

小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐる事件で、東京地検特捜部が、小沢氏への2度目の事情聴取を見送る方針を固めたことが27日、関係者の話で分かった。小沢氏は23日の聴取に、政治資金収支報告書の虚偽記載への関与を全面否定していた。
特捜部は、小沢氏の供述内容に疑問点はあるものの、事件に対する同氏の主張をまとめた供述調書を作成したことで、任意聴取による最低限の目的は果たせたと判断したもようだ。引き続き、同氏の事件への関与の有無を捜査する。

【時事ドットコム】




この方針固めたことを知っている関係者とは?
by kura0412 | 2010-01-28 08:53 | 政治 | Comments(0)