過剰な診察拒否見直しを=新型インフルで通知-厚労省

厚生労働省は6日、海外渡航歴のない発熱患者が医療機関から診察を拒否されるケースが相次いでいることを受け、発熱患者の受診に関する「基本的な考え方」をまとめ、都道府県に連絡した。新型インフルエンザの世界的な拡大を受けた医療機関側の過剰な診察拒否の見直しを求めている。
連絡では、医療機関側が発熱患者に対し、「発熱相談センター」への電話相談を勧めるケースとして(1)新型インフルまん延国への渡航歴がある(2)新型インフル患者との接触歴がある-場合を挙げた。また、同センターが新型インフル専門の「発熱外来」に行く必要がないと判断すれば、「感染予防に必要な指導を行った上で、当該医療機関が診察すること」としている。

【時事ドットコム・2009/05/06-20:43】



医師法、歯科医師法にある応招の義務からの厚労省の求めで、ある意味この指摘を受けること自体淋しい感じもします。
しかし、医師法には、「正当な事由がなかれば、これを拒んではならない」ともあります。
現在、診療拒否をする理由は、それぞれの臨床現場の混乱を回避したいとの思いであり、それはその現場を掌る医師としては一つの考え方でもあります。安易な考え方で受診を受け入れ、その後トラブルが出たならば、その責任は全て医療側に覆いかぶさります。
そして、その感染予防に対する諸経費は、保険点数に加算されることも、また、別途に患者に請求できるものではありません。
ただ、医療人としての責任感と誇りは、いかなる事態であっても捨ててくることは出来ません。

今回のこのケースは、現在の医療の奥深い部分を指摘しており、一方的に医療側が非難されるような問題ではないようにも感じます。
by kura0412 | 2009-05-07 11:43 | 歯科医療政策 | Comments(1)