ブログトップ | ログイン

日本の歯科界を診る

2009年 03月 30日 ( 1 )

反転して攻めの姿勢へ

日医は、これからも国民の求める医療体制と国民皆保険制度を堅持し、長く国を支えてこられた国の宝である高齢者の方々を感謝の気持ちとともに、国民の総力をもって支える理念を具現化し、礼節をもって支える福祉国家への道を選択していくこと、そして暖かいまなざしで子供たちの成長を支えていくことが肝要である。


先日開催された日医代議員会での唐澤会長の所信表明の発言の一部です。

今まで流れていた社会保障、医療に対しての守りの姿勢から、国民を見方にして、反転して攻めの姿勢への変化を目指す力強い発言です。
by kura0412 | 2009-03-30 16:33 | 歯科医療政策 | Comments(0)