大きな転換となるか

首相、施政方針演説 小泉改革路線と一線、小さな政府に疑問符

麻生太郎首相は施政方針演説で小泉純一郎元首相の改革路線と一線を画す姿勢を示した。社会保障財源のため消費税率引き上げをタブー視せず、安全網を軽んじる「小さな政府」志向に疑問符を付けた。選挙管理内閣を脱しようという意気込みが見えるが、9月までに必ずある次期衆院選で勝つシナリオを描けなければ画餅(がべい)に終わりかねない。

【NIIKEI NRT】


小泉内閣以来の政府の基本姿勢を大きく変えることを示唆した発言です。
by kura0412 | 2009-01-28 17:02 | 歯科医療政策 | Comments(1)

直面している試練
希望と団結
自由と平等
アメリカ再建(再建への決意)
意欲ある人すべてに機会を広げる(公正な経済)
もういちど主導的な役割を果たす(リーダーシップ)
多様性という遺産(強さ)
共通の利益と相互の尊敬(イスラム世界に対し)
新たな責任の時代
私たちの自由と信念(アメリカの真価)

今週のAERAに載っていた、オバマ大統領の就任演説のキーワードです。


年度末、初めで挨拶する機会もある先生方も多いと思いますのでご参考までにご紹介します。
いくつか組み合わせれば、オリジナルとしても十分に使える感じです。
by kura0412 | 2009-01-28 14:22 | 思うこと | Comments(0)