2008年 10月 22日 ( 1 )

厚生年金記録改ざん問題に関して、社保庁職員が政管健保の不正にも関与していたことが元職員の証言があったとの今朝の報道です。

もしこれが組織的な行動だとするならば、既に明らかになった社保庁の不祥事の数々と合わせると、構造的な問題だけではない、真の意味の抜本的な改革が迫れています。
既に、この社保庁の組織変更は勧められていますが、果たして、本当にそれだけで再発が防げるのか?
いいろいろな問題をみると、全て事務的な手続き問題に終始し、社保庁全体が日本の社会保障。安心、安全という社会基盤をを守る気配が感じ取れません。

医療にも直接関係ある組織だけに今後の動向に注視しなければなりません。
by kura0412 | 2008-10-22 11:25 | 歯科 | Comments(0)