2008年 06月 24日 ( 3 )

JAとのコラボ

食育の推進で協定 JAグループと道歯科医師会(06/24 08:20)

JAグループ北海道と北海道歯科医師会は二十三日、食育の推進などを目指す相互協力協定を結んだ。同会によると、歯科医師会とJAグループが協力協定を結ぶのは全国初の試みという。
食育や歯の健康指導のほか、道産農産物の地産地消の推進、地域づくりへの貢献など幅広い内容での連携を目指す。具体的には、双方が連携してのフォーラム、食育や健康講座の開催などが検討されている。
札幌市内で行われた調印式には、JA道中央会の飛田稔章副会長と、北海道歯科医師会の富野晃会長が出席、協定書に調印した。富野会長は「締結を機に、食の安全・安心の情報をいただき、食育推進に努力したい」と述べた。飛田副会長は「心身豊かな人間を育てるという意味で、大きな存在価値を持つ協定」と強調した。

【北海道新聞】



JAと食育でのコラボです。
こんな斬新な発想そして展開、まだ、探せば歯科界のも明るい材料はあるのだと関心させれました。
by kura0412 | 2008-06-24 11:11 | 歯科 | Comments(0)

ここでも蚊帳の外

医療・がん・年金保険、死亡保険件数を逆転 

医療保険、がん保険、個人年金保険を合わせた契約件数が2008年3月末に前年同期比4.3%増の5326万件となり、年度末ベースで初めて死亡保険を逆転した。病気や老後の生活費など長生きに備えるニーズが高まっている。万が一の際に備える死亡保険は少子高齢化の影響もあり、需要が縮小している。主力商品の移り変わりが鮮明で、生保各社の経営にも影響しそうだ。
医療、がん、年金の3保険の契約件数は08年3月末に、生命保険協会に加盟する40社の合計で、前年同期比で220万件増えた。定期や終身などの死亡保険は22万件(0.4%)減の5093万件だった。

【NIKKEI NET】


民間保険の是非は別にしても、ここでも歯科は蚊帳の外です。
by kura0412 | 2008-06-24 10:44 | 歯科 | Comments(0)

折衷案か

骨太方針08の原案が出てきましたが、両者の折衷案のような形です。火種を残したまま暮れの予算案決定までその攻防は続きそうです。

この折衷案は国民の目にどう映るのでしょうか?
by kura0412 | 2008-06-24 10:34 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412