2008年 05月 13日 ( 1 )

昨日の参議院本会議の道路特定財源の法案採決に対して、民主党から2名の造反議員が出ました。一方、この法案の衆議院の再議決では、自民党から造反が起こるかもしれないという声も聞こえます。

55年体制のように思想で政党の区別する時代ではありませんので、やはり基軸となる政策によって政党を区分されるしかないのかもしれません。
やはりその時期までは分かりませんが、政界再編は必至であり、国民には分かり易い選択肢となります。
その為にもたんに政党だけで色分けするするだけでなく、一人ひとりの議員の行動、発言は常にチェックしていなければなりません。
その選択のキーマンと私が注視しているのが、自民党では与謝野馨、民主党では前原誠司の二人の議員です。
by kura0412 | 2008-05-13 10:32 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412