2008年 01月 23日 ( 1 )

昨日の参議院代表質問で、自民党幹部の一人で、厚労大臣の経験もある尾辻自民党参議院会長が「社会保障費を削るのはもう限界」と毎年2200億円減額のシーリングをかけていることへの政策転換を求めました。
野党議員の中からも拍手が出る中、これに対しては福田首相は、給付の合理化・効率化に取り組む必要性は示したものの直接的な言及は避けました。

財政再建と社会保障費の削減問題は与野党入り乱れた大きな争点であり、夏の21年度予算概算決定は歯科界にも大きな波紋が投げかけられます。
by kura0412 | 2008-01-23 11:47 | 歯科 | Comments(0)