2007年 10月 16日 ( 1 )

変化の前触れでしょうか

昨日の予算委員会で増田総務相が、「過疎地域で唯一の医療機関は地域医療確保の観点から各自治体が助成してもやむを得ない面がある。地方交付税などでどのように対応が可能かをまとめたい。」と答弁をしました。

これは現状の保険制度の問題点を政府が認めていることにもなります。

一方、昨日の予算委員会では舛添厚労相は「2200億円のシーリング圧縮は医療現場は限界にきているとい」う見解を示すと共に、福田首相は「諮問会議に任せきりにせず、野党をも含めてみんなで議論をすればいい」との答弁がありました。

小泉改革から一方的に押し捲られていた医療に変化が起きる前触れと考えるのは、結果をみてダメージが大きくなるだけでしょうか?
by kura0412 | 2007-10-16 10:50 | 歯科 | Comments(0)