2006年 11月 04日 ( 1 )

行政の世界では一度定まったことをひっくり返すことはなかなか難しいというのが、一般的な仕来りとなっています。また、逆に既に決まっている、実施されている事項はよほどのことがない限り継続されるという部分もあるわけです。
したがって、今回の紙だしのような問題は、一度決まったことですので、それをいかなる理由をもっていったとしても覆すのはなかなか難しい作業でもあるわけです。しかし、今回の改定では、今まで積み重ねて継続していた事項も、、一方的に排除した事実もあるわけです。
ここをどう捉え、また修正していくのかが難しい判断であり、また高度な交渉術が必要となってきます。
by kura0412 | 2006-11-04 11:00 | 歯科 | Comments(0)