2006年 09月 21日 ( 1 )

安倍氏圧勝に終わった自民党総裁選挙ですが、今朝の朝刊に3候補が獲得した地方票の結果が載っていました。
安倍氏は197票(66%)獲得、麻生氏67票(23%)、谷垣氏36票(12%)、面白いのは谷垣氏の結果です。
地元京都でトップであったのは分かるにせよ、山形と高知がトップとなっています。(高知は安倍氏と同数)
恐らくこれは山形は明確に支援を表明していた加藤紘一元自民党幹事長、また高知は谷垣側近の中谷元元防衛庁長官の選挙運動の結果と推測できます。
そしてこの結果は二人の議員の政治力として、支援した候補側だけでなく、戦った安倍、麻生陣営からも評価を受けることになります。
政治の世界ではこうやって明確に分かる選挙の票の数をそれぞれの政治力として評価します。
そうゆう観点では、参議院比例区選挙というのはそれぞれの政治力を表現しやすい選挙でもあるわけです。
by kura0412 | 2006-09-21 11:30 | 歯科 | Comments(0)