2006年 05月 16日 ( 1 )

政策スピードの重要性

近年のいろいろな分野において政策を実行する場合、その政策の内容の良否もさることながら、大きなポイントを占めているのがその実行へのスピードです。
いくら素晴らしい政策であったとしても、そのタイミング、いわゆる旬の時を逃したらば、その政策そのもの評価は低下してしまいます。
今回の改定後の対応は、まさに問題点の改正も必要ですが、それに伴って、早期の改善が求められています。
それは日々われわれ臨床に携わっているわけですから、一日も早い改善を望むのは当然です。
その為には時間を意識した計画的な準備と、時として瞬時の決断が必要となってきます。
果たして、日歯の執行部がこの政策に対してのスピードをどう意識しているか?改革を訴える大久保日歯執行部のその対応に注目したいところです。
by kura0412 | 2006-05-16 13:51 | 歯科 | Comments(8)