2004年 12月 22日 ( 1 )

自衛隊の活躍と特別立法

地震直後から、小千谷で救援活動、そして、復興活動に尽力してくれた自衛隊の支援部隊が、昨日小千谷の地を離れました。
災害直後の真っ暗な中でのバイク隊の情報収集を初め、孤立部落からの人命救助、避難生活者への食事の準備、テント、風呂の設置、そして、災害地復興への土木作業など、今回の自衛隊の活躍は、それに触れた市民全員が知り、その存在を大きく印象をつけました。市民皆が自衛隊に感謝しています。
恐らく、その救護活動のノウハウは、これから、それぞれの分野で危機管理の徹底を求める時に模範となるものと思います。
それに比べ、行政、特に政府の被災地への配慮のなさは、昨日のある会議でいくつもの事例を聞きました。
被災地が求める特別立法の制定に対しては、政府関係者は、補正予算でその要求の90%は対応できると言っているようですが、その言葉を返せば、10%の不備があるのを認めているわけです。そして、災害復興の原則が、元に戻すことです。つまり、数字だけ並べても、被災住民は、最低でも一割のハンデイを強いられることになります。そして、この10%は、現行法ではどうしても対応が出来ないが為の特例を求めているのです。
現在の試算でも、小千谷市だけで2900億円災害対策で必要です。その内、市の持ち出し、いわゆる真水の部分で必要な予算が、概算でその一割の290億円と言われています。小千谷市の年度予算は一般会計で170億円です。それも、これから雪が降り、その被害額は増えることはあっても減ることはありません。現在、市が唯一自由に使える予算だった、財政調整基金は、緊急対応で全て使い果たしました。一体、これからの復興はどうなるのでしょうか?
自衛隊はこの緊急時に、国民の生命を守る使命の為活躍してくれました。また、それを国家として責務を遂行する為、その存在が認められているはずです。今回の被災地の求めが、被災民のわがままと捉えられるのか?また、国家の責任として考えるか?このスタンスは、医療に関する政府のスタンスにも私は感じているところです。今朝から小千谷は、本格的な雪模様になってきています。
by kura0412 | 2004-12-22 15:32 | 中越 | Comments(0)