2004年 10月 29日 ( 2 )

ネット回復

今日ようやくネット回線の無事を確認出来るようになりました。しかし、余震は続き、水道、ガスの復旧は、まだまだです。ガスはともかくとして、水道が直らなければ、診療再開は難しく、また、幹線道路が今だ不通の為、スタッフの確保もままならないのが現状です。メーカー来て、一応の機械類の修理はしてもらい、少しずつですが、診療再開へ向けての動きもしています。あせらず、また、諦めることなく、前を向いて進みたいと思います。
小千谷市全体は、被害から六日目の朝を向かえ、さすがに市民全体に疲れが出てきていますが、仮設住宅の建設、また、私のもう一つの仕事である学校再開へ向けての検討など、別の課題に向けての動きも出ています。しかし、その検討項目の数は限りないといっても過言ではなく、いいろいろな部門で長期戦を視野にいれ活動しなければなりません。
しかし、こうやって自分の部屋でメールが打てる。先生方には当たり前のことが、今の私には大きな喜びになっています。
by kura0412 | 2004-10-29 17:46 | 中越 | Comments(2)

感謝&改めて感じる

朝方震度3の余震があった程度で、後は体に感じる地震も少なく、天気も良く、天は私に、弱りかけていた身体に少し元気を与えてくれました。今日は私が診療所を空けて、行政や歯科医師会の仕事に専念するのを支援してくれる為、勉強会の友人が青森・八戸からスタッフを連れてキャンピングカーで小千谷へ来てくれました。そしてあの崩れ落ち部屋を埋めた本の山を整理してもらいました。感謝のなにものでもありません。また今朝、小千谷市内に臨時歯科診療所を、今井会長を初め新潟県歯科医師会、新潟大、日歯大の先生方の協力を得て開設することが出来ました。震災から五日目での開設、これも関係者の先生方に感謝一杯の気持ちです。しかし、5分位診療所近くを歩いたら、薙ぎ倒された石垣、崩れ落ちかけた多くの家屋を見て、改めてその被害の大きさを感じました。やはり今回の地震は半端ではありません。でも、私はまだついています。
by kura0412 | 2004-10-29 00:32 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412