2004年 10月 26日 ( 2 )

悲しい見送り

先程、今回の地震で亡くなった三人の子供の仮通夜に行ってきました。三人とも私が校医をしている学校の生徒で、一人は患者です。昨日ヘリコプターで部落を離れ、避難生活しているその地域の人達が見送りに来ていました。この人達も土砂崩れで住む所がなくなりそうです。こんな悲しい見送りは初めてです。
by kura0412 | 2004-10-26 16:41 | 中越 | Comments(1)

小千谷から被災三日目

家は家内に任せ診療所の片付けを三割、残りを市役所の対策本部で参謀役してます。結果、JCの後輩と本部の調整役と、やはりこの役しかないのか広報マスコミ対応の繋ぎ役、そして三役の相談相手みたいなことをやってます。明日憎き小泉が小千谷に入りますが、自衛隊以外政府関係者の誰もが対策本部に詰めてません。現在政府にはサンダーバードのように災害対策のプロが一団組んで地元と共同作業するシステムがないようです。今日の収穫は本棚倒れ部屋中本、資料で埋まっていた私の部屋にあったパソコンのデーターが大丈夫でした。今日も外の自転車小屋で寝ます。明日は電気がつきそうです。一歩前進!
by kura0412 | 2004-10-26 00:58 | 中越 | Comments(3)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412