2004年 09月 27日 ( 1 )

明日は日歯連盟評議員会です。橋本派の献金処理の問題は別にして、一連の事件の話題が日歯代議員会の会長選挙工作にいっていた感がありましたが、その問題の根源は日歯連盟、それも会計処理の問題です。
その分析も途中の段階であろうとは思いますが、会員の関心、また、それを追求する側からみれば、会計の問題を少しでも明らかに出来るかにスポットがあてられます。
そして、それが、明日説明のある改革委員会の中間報告と相まって、どのように示されるのか、現時点ではまだ無理なのか?
これは、日歯連盟再生の入り口の問題であると共に、今日、マスコミで騒いでいる橋本派の献金処理の問題が、あくまでも、これは橋本派内部の問題であったのか、日歯連盟がその内部の問題まで大きく関与していたものだったのか、それを世に明言できる指標にもなるはずです。
あまりにも不透明な部分が多いだけに、現時点では、その解明にはまだ多くの時間を要しそうです。
by kura0412 | 2004-09-27 12:10 | 歯科 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412