「歯科の議論が不足、2.09%増でも十分ではない」

渡辺三雄・日本歯科医師会常務理事、中医協・診療側委員の記者会見(6)

今回の改定の経過を踏まえて、感想、考えを述べたいと思います。まず一つに今回改定の中で、歯科の問題について審議する場が大変少なかったと思います。消化不良の中での審議だったという感じをしております。歯科診療所は6万8000ありますが、この歯科診療所が、日本の歯科医療のほとんどを支えている。その二次医療機関として支えているのが病院という構成になっています。

毎日、日によって違いますが、100万から120万くらいの患者さんが診療所を訪れて、診療を受けている、患者さんのニーズがある。そういう状況で、日々、歯科診療を提供しているわけです。そういう歯科診療所の今の状況を見てみると、非常に厳しい。今朝のニュースに、朝の番組に歯科の問題が取り上げられていました。非常に厳しい状況で、10年前と比べて歯科診療所の収入が約12%も落ちている。20年前と比べますと、31%も落ちている。そういう非常に厳しい中で、しかし新しい機器はどんどん後から出てくる。患者さんに的確な診療をするために新しい機器を入れる。今回レーザーのものについても新しく1点入りましたけれども、そうしたものを入れるにも相当高額な金額がかかる。しかし、なかなか点数が付かない。そういう状況であります。
厳しいながらも、合理化する中で何とか耐えているという状況です。今回は(歯科の改定率は)2.09%でありました。これについては大臣が確か記者会見でお話されたと思いますが、その配分は技術料に対して行われる。歯科の技術はほとんど、歯科診療所の93%、94%は技術料なんですね。そういう状況で、決して十分という状況ではありません。ご理解をいただきたいと思います。

また歯科の私たちの努力で、ご存知の通り、「8020」という、80歳で20本の歯を残して、しっかりかめる。健康を保持する。その「8020」を達成している方の健康状態はどうか、というデータが出ております。今後、こうしたデータも出しながら、理解を求めていきたいと考えております。

決して歯科だけしっかりやっていれば、歯科はいいというわけではございませんで、患者さんの体全体にいい影響を与える。同時に、医科の入院にかかるときも意見を述べさせていただきましたけれども、術前から口腔の管理をすることによって、退院の日数が短くなるというデータも出ています。今回の審議の中で、エビデンスに基づいた審議をしていくという流れが出てきたと思います。そういう意味で今後の中医協の対応といたしましては、しっかりとしたエビデンス、あるいは調査に基づいたデータ、タイムスタディー等を出して、的確な評価を求めていきたいと考えております。

具体的な今回の改定の中身で、先ほども一点申し上げましたが、基本診療料の初再診の引き上げにつきましては、あのペーパーには記載されておりませんでしたが、検査項目で50点のスタディモデルを包括する。それから医学管理、要するに管理料の中で初診にかかわる部分で、20点をそこに充てていく。そういう流れなんですね。そういうことで引き上げはされましたけれども、そういうことを考えますと、決して十分ではないし、医療現場はこうした状況を踏まえれば、満足されるものではありません。

今後、これは医科も歯科も、基本診療料というのは、まさに医師、歯科医師の基本的な技術に対する評価であると同時に、病院あるいは診療所における運営経費を支える重要な項目ですので、そうした議論を歯科についてもしっかりとやっていただきたいということを要望したいわけです。

もう一点、皆様方、細かいことで分からないかもしれませんが、歯科において、診療をしていく中で、患者さんのためにこれをしたい、と思っていてもできないことがあります。なかなか制限があってできないことが多々ございます。そうしたことも具体的に今後提示していきながら、円滑に患者さんにしっかりとした診療が提供できるようなシステム、診療報酬体系を作る方向に向けて提言をしていきたいと考えております。今後ともご理解をお願いしたいと思います。

http://www.m3.com/iryoIshin/article/115926/




渡辺先生の正直な気持ちの発言だと思います。
そして後段の部分にあった、診療報酬体系への提言の議論が、今後の歯科医療改革の軸となること期待します。
by kura0412 | 2010-02-16 17:41 | 歯科医療政策 | Comments(0)