初再診料引き上げのニュースですが、もう少し静観です

歯科の10年度初再診料引き上げ 中医協方針

厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)は3日、10年度の診療報酬改定で、歯科の初診料(1820円)と再診料(400円)を、それぞれ引き上げる方針を決めた。

厚労省は再診料よりも初診料の引き上げ幅を大きくしたい考え。具体的な額は今後詰める。引き上げられるのは、歯科診療所と一般病院の歯科。一部の大学病院などは報酬設定が異なり、再診料のみ引き上げる。
これに伴い、別計上してきた一部の検査や処置に関する報酬項目をなくし、初診料や再診料に含む形とする。
歯科は医科に比べ収入が低いとされ、経営難に苦しむ歯科医側が引き上げを求めていた。政府は昨年末、今回の改定率を歯科2・09%増、医科1・74%増と決めている。
医科の初診料は2700円、再診料は中小病院が600円で診療所が710円。今回の改定で、厚労省は医科再診料の一本化を目指している。

【共同通信】




一部検査、処置が包括され結果的にはどうなるのか?具体的な点数が分かるまでは静観です。
Commented by はと at 2010-02-05 17:09 x
シレっとむちゃくちゃな事をまた言ってきましたね。
もちろん歯管などは文句をいう患者が多いので
再診料に包括、かつ再診料を十分にあげる、、であれば
納得ですが「
by kura0412 | 2010-02-05 16:47 | 歯科医療政策 | Comments(1)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412