これを財源に再診問題を解決しては

新型インフル 輸入ワクチン実需なし 1126億円無駄に?

厚生労働省が欧州の二つの製薬会社から輸入することを決めた新型インフルエンザ用のワクチンについて、医療機関の需要はほとんどない状態であることが十九日、本紙が行った四十七都道府県への聞き取り調査で分かった。 
輸入予定のワクチンは成人換算で九千九百万人分で、総額千百二十六億円。

厚労省は二十日付で都道府県から輸入ワクチンを希望する医療機関の数などの報告を受けるが、現時点での需要を「ゼロ」「発注見送り」としたのは二十六都府県に上った。国産ワクチンも余剰気味の状況を受け、このうち需要調査そのものをしていない県も十一あった。
「少しだが需要はある」としたのは七府県あったが、「場合によっては使いたい」と流行が再燃した場合に限定するなど実需とは言いがたい内容。
そのほかの県も、輸入ワクチンは接種方法が国産ワクチンとは異なる点や、出荷単位が大きく中小の医療機関は使いづらい点などを挙げ、「需要はほとんどないだろう」と回答した。
流行が収まってきたことや、一回の接種で十分な効果が得られることなどから、フランスやドイツなど欧州各国では、製薬会社に発注を取り消す動きが広まっている。

【東京新聞】



この財源で再診問題を解決しては?
診療所と病院の再診料を統一することが目的なのか、医療環境を改善することなのか、議論の軸がずれてきています。
もし、今の議論の論点で進めば、歯科も統一という考え方もなってきます。
by kura0412 | 2010-01-23 09:00 | 歯科医療政策 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412