基本方針の中には

社保審で決定された基本方針の中で救急、産科、外科などのように重点課題としては取り上げられませんでしたが、
基本方針の4つの視点として、充実が求められる領域を適切に評価していく視点の中で、がん医療の推進などと共に、「歯科医療び充実に対する評価を検討すべき。」と、
医療と介護の機能分化と連携の推進などを通じて、質が高く効率的な医療を実現する視点として、「在宅医療や訪問看護、在宅歯科医療の推進などを検討すべき。」が入っています。

現在の歯科の窮状考えると、重点項目の中で歯科も入って当然とも思いますが、この基本方針の中でこの二つが入っていることの意味は大きなものがあります。
あとはこれを今後の展開にどうもっていくかにかかってきます。
by kura0412 | 2009-12-09 16:52 | 歯科医療政策 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412