高齢者医療制度改革の6原則

高齢者医療制度改革会議が初会合 10年末に結論

厚生労働省は30日、新しい高齢者医療制度を検討するための改革会議の初会合を開いた。長妻昭厚労相の主宰で、75歳以上を対象にした後期高齢者医療制度の廃止後の制度設計に着手する。来年末に結論を出す予定だ。高齢化による医療費の増加は避けられず、現役世代と高齢者がどのように負担を分担するかという視点がカギになりそうだ。

長妻厚労相は「(高齢者の医療制度を)持続可能にすることが国の信頼回復に不可欠だ」とあいさつし、制度の抜本改革に取り組む意向を示した。厚労省は改革会議が来年末にまとめる結論をもとに関連法案の作成に着手。2011年の通常国会に法案を提出し、13年度から新制度をスタートさせたい考えだ。
厚労省が改革会議に示した原則は6つ。同制度を廃止して年齢区分を撤廃。高齢者の負担増に配慮しつつ、地域ごとの医療保険制度の創設に向けた第1段階として位置づけることなどがポイントだ。

(高齢者医療制度改革の6原則)
・後期高齢者医療制度は廃止
・地域保険の一元的運用の第一段階として位置づける
・年齢区分を撤廃
・国保の負担増に配慮
・高齢者の保険料が急増しないようにする
・国保の広域化につながる見直し

【日経新聞】




医療制度の抜本的な見直しだに留まらず、更に進む少子高齢化社会の日本の今後の社会像にまで言及した議論の展開へ進むかもしれません。
by kura0412 | 2009-12-01 11:04 | 歯科医療政策 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412