前向きに捉えたい結果です

「見直し」
これが昨日の仕分け作業の「8020運動特別推進事業」予算額4億7千万円の結果でした。

但し、この結果には注釈が付いています。
「新政権の政策に沿って、予算規模、事業の内容、使われ方等々もう一度検討」

財務省主計局の資料の記載ミスもあったし、途中から足立政務官が助け舟のような形で、足りない歯科保健事業の中でこの事業の重要性を説明してくれたのは、専門家が全くいない中での議論では助かりました。

唯一の国の歯科医療に特化した政策を見直す機会を与えてくれた、前向きに捉えたい結果です。
Commented by はと at 2009-11-14 10:17 x
確かに機能の議論は
賛否入り混じる中でもやや好意的な議論だった
ようにも感じましたね
Commented by 累卵 at 2009-11-14 10:49 x
<厚労省医政局長が説明>国として歯科保健対策を充実させたい。民主党のマニフェストにもある。8020達成者が半分程度までにしたい。
<財務省主計局>事業の中身は、主に都道府県歯科医師会が行う広報・啓発活動が主体ではないか。敢えて国費でなくても、地方自治体の判断に任せてよいのではないか。主な委託先が都道府県歯科医師会であり、特定の団体に対する補助金である。
<とりまとめ担当>特定の団体に対するシガラミ予算・バラマキ予算ではないか。主に都道府県歯科医師会が行う広報・啓発活動であれば、地方自治体の取組に委ねられないか。国で予算措置をすることをどう考えるか仕分けを行ってください。
Commented by 累卵 at 2009-11-14 10:49 x
<質問・意見>8020運動でむし歯が減ったのか?それ以前のデータは?⇒厚労省:フッ素洗口などで減少・・・歯科保健課長も出席しているのに、素人相手に的確な返答できず!
<足立政務官の意見>4・5・6歳の歯科健診義務付けられないか。成人も必要では。
<質問・意見>日歯は学術団体、公衆衛生は定款目的に合っている。公益法人が80億円も溜め込んでいる。
<評価結果>10名の結果:廃止1名、自治体・民間へ2名、予算縮減6名
<結論>見直し:内容は(その他)新政権の政策に沿って、予算規模、事業内容、使われ方等々含めてもう一度検討。
by kura0412 | 2009-11-14 08:57 | 歯科医療政策 | Comments(3)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412