[コンクリートから人へ]

          鳩山由紀夫の「ゆう&あい」          ┃
┗・・・… ------━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
[コンクリートから人へ]

 9月16日に総理に就任してからあっという間に1カ月が経ちました。自
分なりに精一杯頑張ってきたつもりですが、国民のみなさまには、何か今ま
での政治とは違うぞ、政治が変わりつつあるぞと感じて下さっているとした
ら嬉しいです。
これまでの政治では、大臣たちは官僚が用意した舞台で、台本に沿って、
あらかじめ決まった台詞を一言一句そのまま読み上げていました。だから、
その意味では、閣僚の間で意見が不一致であることは少なかったかも知れま
せん。でも、官僚任せにしてしまった結果、時として国民のみなさまの声が
届かない政治になってしまいました。

新しい政権では、このような官僚中心の行政を、私たちの大臣、副大臣、
大臣政務官の「政務三役」が中心となって、国民のみなさまの思いを受けと
める行政へと「政治主導」で大きく作り変えることにしました。
未だに慣れない試行錯誤の状態ですので、大臣間で意見の合わないことも
あります。でも、むしろその状況をさらけ出すことは、議論の透明性を国民
のみなさまに示すことですので、私は悪いことではないと思っています。大
事なことは、最後に閣議という意思決定の場で、国民のみなさまの意思を尊
重しながら政治主導で一つにまとめ切ることです。

例えば、予算編成では、今まで、少しでも多くの予算を獲得することが大
臣の仕事でしたが、今回、これを180度転換し、「無駄遣い」を無くすこ
とに重点を置き、それぞれが「査定大臣」となって、各省庁の予算の無駄を
徹底的に削るよう、「がんばれ」とハッパをかけています。
この結果、先週閣議決定した補正予算の見直しでは、2兆9千億円を超え
る予算の執行を停止することができました。その分の予算は、みなさまの暮
らしに、真に役に立つ政策、経済にしっかりとプラスの効果をもたらす分野
で有効に使わせていただきたいと考えています。

来年度予算についても、国民のみなさま方に約束しましたマニフェストに
掲げた事業の実現を最優先する一方で、不要不急な事業など徹底して無駄を
削る予算編成を進めていきます。
特に、行政刷新会議において、事業仕分けを公開で実施し、予算の無駄を
明らかにします。先行的に実施した地方公共団体では、1割ほどの予算削減
効果がでています。さらには、特別会計などにも切り込んでいき、赤字国債
の発行をできる限り抑え込んでまいります。

一方で、経済に目を転じると、わが国の景気は、失業率が高い水準にあり、
依然として厳しい状況です。つい最近、政府は日本の貧困率を初めて発表し
ました。15.7%という高い水準でした。今まで、政府はこのような望ま
しくない数字の発表は行ってきませんでしたが、これからは敢えて公表する
ことにいたしました。公表することによって、みなさまと共に対策を作るこ
とができるからです。
特に、年末に向けて、みなさまにとって最も重要な雇用対策にしっかり取
り組むべく、私が本部長を務める緊急雇用対策本部において、緊急雇用対策
を具体化し、実行してまいります。

鳩山内閣の国の財政に関する方針は、「コンクリートから人へ」です。こ
れまでの箱もの中心の予算から、みなさまの雇用と暮らしを守る予算に変え
ていきます。乞うご期待ください。

【鳩山内閣メールマガジン】



この言葉を信じたいのですが・・・
by kura0412 | 2009-10-22 17:40 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412