その改定課程が闇の中で

診療報酬上げへ3000億円 厚労相、10年度予算で概算要求

長妻昭厚生労働相ら政務三役は、2010年度の診療報酬改定分として3000億円程度を来年度予算で概算要求する方針を固めた。約4%の引き上げに相当する計算で、実現すれば10年ぶりのプラス改定になる。長妻厚労相は医師不足などで医療体制が揺らいでいる救急や産科、外科などを抱える大病院に手厚く配分する考えだ。
診療報酬は国が医療行為ごとに決める医療費の単価。手術や投薬、検査などの行為ごとに点数で決めている。全国の医療機関に同じ点数が適用され、患者の自己負担分を除いて医療保険から病院や薬局に支払う。2年に1度見直しており、10年度は改定期にあたる。民主党はマニフェスト(政権公約)に「(入院患者を扱う)医療機関の診療報酬を増額する」と明記している。

【日経新聞 10月11日】




これに薬科差額分がどうなるのか?それに加えて、中医協の位置づけが未だにはっきりとしていません。
まず補正予算削減を終え、恐らく、厚労省の抱えている課題で、まず年金問題、後期高齢者医療制度改正を中期的な問題として構想をスタートさせると共に、いよいよ来年度改定について短い時間の中で、政治主導で一気に進む可能性が強くなってきました。
果たして、歯科界はどこに、誰を頼って、どんな動きをすれば良いのでしょうか?
Commented by 累卵 at 2009-10-12 15:24 x
新聞記事には続きがあり、開業医の診療報酬引き上げに、国民の理解が得られるでしょうか?

 診療報酬全体の改定率は02年度から4回連続でマイナス改定が続いている。医師の技術料にあたる本体部分は08年度に8年ぶりに引き上げたが、医療現場から「収入減で病院の経営が揺らぎ、十分な医療を提供できなくなっている」などとして引き上げを求める声が強まっている。長妻厚労相らは今回の概算要求で自公政権時代の医療政策の転換を明確に打ち出す考えだ。
 厚労省は15日に概算要求を取りまとめ、診療報酬改定分として3000億円程度を盛り込む方向だ。ただ診療報酬を引き上げると患者の窓口負担や健康保険の保険料の上昇に跳ね返るため、国民に理解を得られるかが課題になる。厚労省の要求通り予算が認められるかも不透明だ。
by kura0412 | 2009-10-12 09:38 | 歯科医療政策 | Comments(1)