『日歯連、自民からの擁立見送り 来夏の参院選比例区』(朝日新聞)

日本歯科医師会の政治団体「日本歯科医師連盟」(5万5千人、堤直文会長)は18日、東京都内で評議員会を開き、来年夏の参院選比例区に自民党から従来立てていた組織内候補を擁立しないことを決めた。政権交代に伴い方針転換する。自民党支持の有力な職域団体の日歯連が擁立見送りを決めたことで、他の支持団体の判断に影響を与える可能性もある。

日歯連は8月21日、沖縄県歯科医師会顧問の高嶺明彦氏(55)を自民党から擁立することを決めたが、この日の評議員会で千葉県の評議員ら16人が「野党自民党からは擁立しないことを提案する」との動議を提出。「我々のほとんどは自民党員。候補を立てるべきだ」との反対論も出たが、「与党だから自民党と付き合ってきた。民主党から擁立する方が大義名分も立つ」などの意見も出され、結局、出席した77人中、50人が賛成して可決した。
高嶺氏の擁立自体をやめるか、民主党からの立候補を求めるかは今後、検討する。
日歯連は1955年の自民党結党当初から、参院全国区、比例区に党公認で組織代表を擁立してきた。同党の有力な資金提供源でもあり、04年には旧橋本派への1億円ヤミ献金事件が発覚した。
診療報酬改定をめぐる汚職事件で元会長が逮捕された影響で、04年参院選では擁立を自粛。07年は元日本歯科医師会常務理事の石井みどり氏が当選している。

医療行為の「価格」に当たる10年度診療報酬改定のヤマ場を年末に控え、日本歯科医師会の大久保満男会長は今月10、11両日の代議員会で「民主党と信頼関係を築きながら政策提言を続ける」との方針を表明している。

【asahi.com】




朝日新聞の1面です。
たんに歯科界だけの問題だけでなく、政界の今後の流れを作る決定になるかもしれません。308議席までとは予想しなくても、この政権交代に至ること予想は出来なかったのでしょうか。衆議院選挙終盤8月21日での臨時評議員会での決定だっただけに疑問が残ります。
Commented by 累卵 at 2009-09-19 12:49 x
風を読む能力に疑問があります。今後の対応・対策は下記が参考になります。

「次期候補者選考は見送るべき」 デンタルタイムス21 09年7月25日号
時代は変わり、会員の中には自民党を支持する者ばかりではないし、考え方も大きく変わる中で、従来型の選挙活動が、どれほど効果的かを会員に十分納得いく説明が出来ないと、特に若い先生はそっぽを向いてしまう。今の連盟は余りにも旧態依然とした行動形態にしがみついている。若い会員の考え方も変わる中、時代にマッチした戦略を示し得なかった長年の執行部の姿勢に対して、会員の意気は上がらず、選挙に臨んでも厳しい対応を迫られることになろう。
Commented by 累卵 at 2009-09-19 12:50 x
 今後の対応について考えると、職域推薦でない歯科医師国会議員が数名もいるのだから、彼らを積極的に支援すべきである。職域代表は1人でも十分という意見もある中で、特に歯科に理解を示す国会議員に、積極的支援を行うことも大事な選択肢である。これからの政治改革において参議院は無くなる方向も示唆されている。今後、衆議院に目を向け、政治家志向の会員を衆議院の選挙区から出す支援をするべきである。唐突だが、都道府県から最低1人の衆議院議員を育てる努力をしていただきたい。
この厳しい難局を良い機会として、時代背景に即した新しい理念を持った組織に生まれ変わっていただきたい。
by kura0412 | 2009-09-19 08:14 | 歯科医療政策 | Comments(2)