歯科疾患の予防等による口腔の健康の保持の推進に関する法律案

衆議院で提出されながらも21日解散すれば廃案となる、自民党から提出された口腔保健法(歯科疾患の予防等による口腔の健康の保持の推進に関する法律案)が手元にあります。
以前入手したものとこの正式な法案案が同じか否かはまだ精査していません。また、同じく民主党から参議院に提出され、これも廃案となるものとの比較検討も未だ行なっていません。
理念法ながらも、今後のこの使い方を上手くすれば可能性を感じる内容です。正直これが廃案は残念です。

果たして総選挙後の政局の行方によって、改めてこの法律が陽の目を見る機会が訪れるのか否か?
またその為には、どう動かなければいけないのでしょうか?チャンスがあるとすれば選挙後直後です。
by kura0412 | 2009-07-18 16:11 | 歯科医療政策 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412