開業医対勤務医

昨日から社保審が始まり、実質の改定への審議がスタートしました。また、中医協の診療報酬基本問題小委員会も始まっています。

この二つの議論を見る時に、改定率を上げることにはある一定の理解はあるものの、従来のように一律アップには異論があるようです。特に、勤務医への待遇改善が焦点となりそうです。それに対して日医が反発し、開業医対勤務医の構図が生まれるかもしれません。

では歯科はどのような対応をすれば良いのでしょうか?
殆どが開業医の歯科は開業医?しかし、医科歯科格差を際立てさせる為には医科の開業医の優遇性を主張?難しい問題です。
そして、一番マズイ流れが、この対決に議論が集中して歯科が蚊帳の外に置かれることです。
by kura0412 | 2009-07-10 14:43 | 歯科医療政策 | Comments(0)