これが我が国の医療の現状だそうです

(我が国の医療の現状)
我が国にの医療においては、例えば、以下のような実態がある。

1・「高齢者一人当たり医療費」は若人に比べて極めて高い。
2・「入院日数」が長く、「病床数」も多い。
3・外来患者の「受診回数」が多い。(年14回、諸外国の2~5倍、OECDで最多)
4・「病院と診療所の医療費の配分」が医療現場の実態(医療の内容や設備など)に見合ってない。
5・「高額医療機器」の台数(人口比)が多い。
6・医療材料(ペースメーカー、カテーテル等)」に内外価格差がある。
7・「後発医薬品」の使用が進んでいない。
8・成分は同じでも「保険適用の医薬品」と「薬局で自費購入できる医薬品」がある。
9・「医薬品の飲み残し」が多い。


これは5月18日開催された、財政制度等審議会での財務省からの資料からです。
いちいち反論する気にならないような主張の羅列です。
しかし、これを見る限りは、財務省が歯科の医療費を抑制する理由は見当たりません。
by kura0412 | 2009-05-28 17:21 | 歯科医療政策 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412