財政審から診療科に定員制への提言が

医師不足解消へ診療科に定員制 適正配置求め財制審提言

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は医師不足の解消に向けた改革案を提言する。医師になる際に選ぶ診療科(内科や外科など)の規制や、看護師の医療行為を広げることなどが柱。医療機関向けの診療報酬が年末に改定されるのを前に、医療サービスを効率的に提供する体制づくりを優先させ、引き上げ論をけん制する狙いもある。
6月にとりまとめる建議(意見書)に盛り、2010年度予算編成の指針となる「骨太方針09」に反映させたい考えだ。財制審が最優先課題に取り上げるのは、医師が足りない診療科や地域に適正に配置する仕組み。政府は昨年以降、大学医学部の定員数を約860人増やしたが、最近は精神科や整形外科に人気が集まる一方で、激務の産科や外科は敬遠されがち。このため国家試験の段階で定員制を導入するなどの検討を求める。

【NIKKEI NET】




ここにきての社会保障費、医療費増に対しての社会の容認的なムードを、けん制する意味での話のようにも感じます。しかし、この場合は、また歯科が蚊帳の外の話で終われば良いのですが、万が一歯科もそのターゲットなった場合は、どう解釈をすれば良いのか分かりません。
歯科は歯科医師の数は増えながらも医療費は伸びていません。歯科も定員制にして枠をはめ込んできれるのでしょうか?
そして1番の問題は、数で論議されると、その数が過剰な歯科の場合は、この現状打開策を打ち出すことへの議論する進まないことになります。

いずれにしても、歯科無視の流れが更に加速されそうな雰囲気です。
by kura0412 | 2009-05-26 11:18 | 歯科医療政策 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言


by kura0412