ブログトップ | ログイン

日本の歯科界を診る

法案成立に一歩前に進む

22日に自民党内に組織された国民歯科問題議員連盟が開催され、口腔保健法、「歯科疾患の予防等による口腔の健康の保持の推進に関する法律案」が審議され、会期中の成立を目指すことになったようです。

これによって、今後、社会保障制度調査会などの党内手続きを踏んで、議員立法として国会に提出されます。
そして、その後、民主党案とのすり合わせを行なうのか?

衆議院の解散総選挙、また、今国会の会期延長という、その成立には、政治の大きな動きにも連動した影響も考えられ、まだ予断を許しません。しかしながら、法案成立へ一歩前に進んだことは間違いありません。
by kura0412 | 2009-04-25 10:46 | 歯科医療政策 | Comments(0)