9割赤字なれど健保組合の保険料率7.41%

09年度、賞与減が響き健保組合の9割以上が赤字となるとの今朝の報道です。
この結果は、この経済不況が原因であり、けっして医療費がプラス改定どうこうの理由ではありません。

それでも09年度予算早期集計で健保組合の平均保険料率は7.41%と、協会けんぽの8.3%と比較しても1%弱の差があります。

確かに、この経済状況でその保険料の半分以上を企業負担することへの抵抗感があるのは分かります。
しかし、アメリカの例のように民間保険での企業負担よりも、この公的皆保険を守ることの方が企業負担が少なくなるのは明白です。

このブログでも随時主張していますが、この保険料率アップの問題を、医療側の歯科界も自分たちの課題として捉える必要があります。
Commented by 累卵 at 2009-04-11 12:32 x
2008-04-07 健保連HP 考えよう「健保」の将来
現役層に重い高齢者医療費の負担

 国庫補助にも大きな差があります。09年度の予算でみると、市町村国保には3兆1340億円、協会けんぽには9635億円が補助されているのに対し、健保組合は353億円(09年4月現在)
 健保組合は、高齢者医療を支えるための医療費を分担しています。負担金は08年度で、保険料収入の46・0%。国庫支出を抑制するために、65~74歳の前期高齢者の医療給付費に国庫の投入がまったくないことが大きな要因とされますが、これでは、健保組合本来の事業運営は困難です。現役層のために使える財源が著しく制限されるからです。
 医療保険を持続可能なものとし、皆保険制度を維持するためにも、前期高齢者医療制度への公費の投入が急がれます。

4月10日、健保連はHPで「平成21年度健保組合予算早期集計結果の概要」を発表しています。
by kura0412 | 2009-04-11 11:07 | 歯科医療政策 | Comments(1)